足が臭いのは夏だから!? くさすぎる意外な理由はクーラーにあり

足が臭い 夏

「夏に足の臭いがクサくなるのってやっぱり暑いから?」と思っていませんか?

 

夏はとにかく暑くて辛いのに、足までクサくなったらしんどいですよね。

『夏=暑いから汗をかく』といった図式から足が臭いのは夏のせいと考えている人もいるかもしれませんが、夏に足がクサくなるのは汗の量以外の理由もあります。

それがクーラーです。

 

この記事では夏に足が臭いパターンには2つあるといった話や夏の足の臭いに対する対策をご紹介していきます。

もしかしたらあなたの足が臭いのは汗の質が落ちているからかもしれません。

 

夏のせいで足が臭いのは2パターンあるって知ってる?

「足が臭いのにパターンなんてあるの?」と思っていませんか?

実は足が臭い状態には通常の状態以外にも例外的に足がクサくなるパターンがあるんです。

パターンとともにお伝えしていきます。

 

その1:汗をかく量が増えることでクサくなるパターン

夏は暑いので汗をかく量が増えます。

汗には体温、精神状態、味覚と3つの要因でかくものがあり、足は基本的に味覚ではかかないので、体温と精神状態でかくことになります。

 

夏の場合、単純に外の気温が高いので汗をかきやすくなるということです。

汗をかく量が増えたり、常時汗をかいている状態になるとそれだけ、足の湿度が上がり雑菌が繁殖しやすい状態になります。

 

中には「サンダルなら通気性が高いから湿度は上がんないんじゃない?」と考える人もいるかもしれませんが、サンダルやクロックスを履いていても足の裏が蒸れて臭いが発生するケースもあるんです。

足と靴やサンダルが接しているところが蒸れると湿度によって雑菌が繁殖しやすい状態になります。

 

大量発生した雑菌が汗と混じった皮脂や角質を分解することで納豆のような臭いの原因物質であるイソ吉草酸(いそきっそうさん)が誕生してしまうのです。

夏の暑さでたくさん汗をかくということはそれだけ蒸れやすい状態が続き、雑菌が増えやすい状態=クサくなりやすい状態になるということですね。

 

これが通常の足の臭いの発生パターンです。

 

その2:汗の質が落ちていることでクサくなるパターン

現代人はクーラーなどの冷房や運動不足で汗をかく機会が減っています。汗をかかなくなると実は汗腺の機能は落ちていくんです。

 

汗腺の機能が落ちると汗はドロドロとした状態になり、臭いを発生させる原因である成分が分泌されやすい状態になります。

汗の質が悪いとナトリウムなどのミネラルと一緒に乳酸やアンモニアなどの老廃物が汗と一緒に出ることになるんです。

 

乳酸やアンモニアはツンとする刺激臭なので臭いと認識される成分です。

さらに、ドロドロの汗は体温を下げる力が弱いのでたくさん汗をかかないといけません。

つまり、たくさん臭い成分が出てしまうことに繋がるのです。

それだけではなく、蒸発もしづらい性質を持っているので、足周りの湿度を上げる要因にもなってしまいます。

 

逆にいい汗はサラサラとしていて、貴重なミネラルなどの成分をカラダに再吸収してくれるので、ロスせずに済みます。

臭いの成分もろ過されているので、水に近い無臭のものになるのです。

 

クーラーによって汗をかかない状態が続くと、汗の質が落ちて臭い汗をかきやすくなるということなんです。

しかも、汗の質が落ちているとそれ以外にもカラダに悪い影響があります。

 

夏バテと汗の意外な関係

夏バテは、夏の暑さからくる体の不調のこと。

  • 体温調節機能の低下
  • 水分の喪失
  • 体液バランスの変化

など、自律神経や内分泌系の障害が特徴です。

 

体温機能の調節ができないのは、かいている汗の質が低く上手く汗によって体温を下げる機能が働いていないからです。

そして、水分の喪失も同様にいい汗をかけていないため、体温を下げるのに必要な汗の量が増えてしまい、多くの水分(汗)を排出しないといけないためにおこります。

また、体液バランスの変化についても、質の低い汗をかくと本来ならカラダに止まっているはずのミネラルなどの重要な栄養素を汗と一緒に排出してしまうことでおこるんです。

 

つまり、汗の質が低いとそれだけ夏バテになりやすいということです。

では、足の臭いを解消して、夏バテにならないためにもどのように汗を力をつけていけばいいのでしょうか?

 

夏のせいで足が臭い状態を撃退するためにするべき5つのこと

夏のせいで足が臭い状態を撃退するためにおすすめなのがコチラの5つの方法です。

  1. 外に出る
  2. クーラーを浴びすぎない
  3. 暖かい飲み物を飲む
  4. 運動する
  5. 入浴を工夫する

 

もしかしたらこれを見ただけで「無理過ぎる・・・」と絶望してしまう人もいるかもしれませんが、その場合は後ほどお伝えする方法も試してみて下さい。

 

外に出る

汗腺の機能の低下によってもたらされる汗の質の低下を解決するためには汗をかくことが重要です。

夏で気温が高い状態で外に出るのは、紫外線で肌にダメージを受けることになるし、単純に暑いから行きたくないという人もいるかもしれません。

ただ、一番コスパがいい方法ではあります。

 

暑いからといって部屋にこもりきりになるのではなく、海やバーベキューなどイベントに顔を出してみてはいかがでしょうか?

 

クーラーを浴びすぎない

クーラーの適切な温度は気温マイナス5度です。部屋が冷えるくらいクーラーを強くかけるのは避けるようにしましょう。

また、クーラーの風を直接浴びるのも避けるようにした方が懸命です。

 

「クーラーがないと生きていけない」と感じる人も多いかもしれませんが、足の臭いがクサくなるだけでなく、実は悪い汗をかいている場合は、太りやすくなります。

悪い汗はミネラルを失うのですが、実はミネラルは代謝とも関係が深く、失われることで内臓の代謝が落ちてしまいます。

 

1日の消費カロリーに関わる代謝の中で基礎代謝は70%ですが、そのうち38%は内臓の代謝です。

ミネラルの喪失によって内臓代謝が落ちることは痩せにくく太りやすいカラダに直結するのです。このことからクーラーの浴びすぎは太る要因になると言えるでしょう。

 

温かい飲み物を飲む

「暑い夏に暖かい飲み物を飲むなんてどうかしている!」といった声が聞こえそうですが、クーラーがついた部屋に長くいる場合はカラダのために飲みましょう。

クーラーで冷えた部屋にいるとそれだけカラダが冷えて血行が悪くなります。

 

温かい飲み物を飲むことで血行がよくなり、代謝の低下を避けることができます。

飲み物はお茶や白湯がおすすめです。おおよそ3時間ごとに飲むようにしましょう。

 

運動する

夏に運動するのは辛いかもしれせんが、運動といってもランニングなどの激しい運動ではなく、ウォーキングなど軽めの有酸素運動で大丈夫です。

大切なのは汗をかくことなので、カラダが疲れ切ってしまうくらいの運動強度は必要ありません。

 

脂肪燃焼のことを考えるなら20分以上がおすすめです。夏の運動は熱中症に気をつけながら行い、水分補給と合わせて塩分の摂取をこまめに行いましょう。

運動は発汗以外にも、めぐりを促し、デトックスにも効果的です。

 

入浴を工夫する

夏でも取り入れやすいのが入浴の工夫です。

まずはひざから下が浸かるくらいにお湯をはって、43〜44度ほどにして10〜15分ほど足を温めます。

 

続いて、ぬるめのお湯を足して、ぬるま湯で全身浴をします。お湯の温度は36度前後が目安です。

この時に発汗効果があるお酢を入れると効果的です。

 

お風呂から出るときはタオルで全身を拭き汗を乾かしてから服をきましょう。

できれば夏が来る前に行うのがベストです。

3週間ほど行うことで汗腺の機能を回復させることができ、いい汗をかくことができるようになります。

 

暑い夏に運動やクーラーを浴びないのは無理というスボラ女子におすすめのアイテム

質のいい汗をかけばいいのはわかったけど、正直、暑い夏に運動したり、クーラーを浴びないのは面倒という人も多いでしょう。

最初は「やろう!」と意気込んでも結局続かなかったという人も多いのではないでしょうか?

 

そんな人におすすめなのが、ウルトラチャコールです。

ウルトラチャコールはニューヨークでも注目されてる美容法でモデルの道端アンジェリカさんもテレビで「スーパーフードよりおすすめ」と紹介したチャコールドリンクをベースに日本人のために生み出された新しいドリンク。

チャコール=炭は古来からインド・スリランカ発祥の伝統医療であるアーユルヴェーダで利用されており、毒素吸着の作用が注目されています。

 

老廃物=毒素を出すことで汗の質が悪くとも臭いの原因になる物質を排出してしまおうという考え方です。

「炭を飲むなんて、怖い」と思うかもしれませんが、味はバナナ味で飲みやすいと評判です。

 

足が臭いままでも全然OKという人にはおすすめしませんが、カラダの毒素をとって足の臭いを解消しつつ、美脚を目指したい人にはおすすめです。

 

▶︎足の臭いを解消しながらスリムを目指す!

 

まとめ

足が臭いのは夏で暑く発汗が増えるからと合わせてクーラーによる汗の質の低下が原因であることがわかりましたね。

サンダルやクロックスでも夏は足が臭いやすいので、注意が必要です。

 

夏の要素が強い汗の質についての情報を中心にお伝えしましたが、重要なのは汗をかいて汗腺を鍛えることです。

汗腺は使われないの機能が弱ってしまい、悪い汗をかく要因になってしまいますので、習慣的に汗をかいて汗腺が汗をかくのをサボらない状態を作っていきましょう。

 

そして、合わせて通常の足の臭い対策も合わせておこなうのが重要です。

足を清潔に保つために手軽に対策ができる足の臭い対策クリーム石鹸がおすすめですので、気になる人は一度Checkしてみて下さい。

足の臭い,女性