足の臭いは靴の臭い直結! クサい革靴も徹底撃退する方法

足の臭い 靴の臭い

「靴の臭いって何が原因なの?」と思っていませんか?

 

靴がクサくなってしまうのは、足で発生した臭いの原因菌が靴下・ストッキングを貫通して靴自体に染み込んでしまっているからです。

朝玄関で靴を履こうとしたのに「この靴今日履こうと思ったのに、凄いクサい・・・」といった事態になったらテンションだだ下がりですよね・・・。

 

この記事ではそんな状況を防ぐためにも、靴の臭いが発生する原因と対策をお伝えします。

 

靴の臭いは足の臭い菌が染み込んでいるから発生する

まずは足の臭いが発生する流れを理解しよう

足の臭いが発生するのは、汗をかいて靴の中が蒸れて、雑菌が大量増殖してしまい、雑菌が汗と混じった皮脂や角質を分解したときに発生するクサい成分が原因です。

イソ吉草酸を中心に酢酸や酪酸などクサい成分がたくさん発生します。

 

足の裏は1日で200ml=コップ1杯分の汗をかくのに加えて、靴を履くことで密閉状態が生まれてしまい湿度が上昇しやすい場所。

雑菌は気温15度以上、湿度70%以上で繁殖しやすくなるので、靴の中は雑菌が繁殖しやすい環境が整っているんです。

ちなみに革靴やブーツを履いて10分すると靴の湿度はほぼ100%になります。

 

足の臭いは靴に貫通する

靴がクサくなるのは冒頭でも簡単にお伝えした通り、足の臭い菌であるイソ吉草酸たちが靴下やストッキングを貫通して靴に染み込むからです。

靴自体の臭いのケアができてないといくら足を洗ったとしてもクサい臭い菌がついた靴に足を通せば元どおり。

 

足の臭いを解決するためには靴のケアも重要なんです。

 

中には靴のケアをしているのに足の臭いがなくならないとお悩みの人もいるのではないでしょうか?

続いては靴の臭い対策をお伝えしていきますので、まだ試してない方法があったら試してみて下さい。

 

靴の臭いをなくす方法

サイズのあった靴を履く

靴はサイズが小さくても大きくても汗が増える要因になります。

小さいサイズはキツさがストレスになり汗が増えて、大きいサイズは通気性がいいように思えますが、実はすっぽり抜けないようかえって気を使い汗を書く要因になります。

 

そのため、ぴったりのサイズを履くのが一番いいのです。サイズが合っている靴はポンプ機能が働き歩くことで自然と換気が行われるようになっています。

 

靴の試し履きのポイント

靴を履く上で注意すべきポイントはコチラです。

  1. かかとと靴のカーブが一致しているか
  2. 土踏まずが靴のアーチと合っているか
  3. 靴幅が合っているか
  4. 足首の周りに食い込みや隙間はないか
  5. 爪の先が靴の甲や前部に当たっていないか(1cmほどの余裕があるか)

このようなポイントをチェックしましょう。

 

靴は両足で違いがあるので、両足で試すことや片足で立ったり、しゃがんだり、歩いてみて違和感がないかも確認するようにしましょう。

 

靴を買うのにベストな時間帯はあるのか

靴を買うのにベストな時間帯は一般的には午後3時くらいがいいとされています。

理由としてはある程度の疲労感があったほうが、靴を履いた際に足が良し悪しへ敏感になっているからです。

 

靴を2,3日あけてローテーションする

ブーツヒールの記事でもお伝えしていますが、靴は1日履いたら2,3日間隔をあけてはきましょう。

その間に風通しのいい場所で陰干しすることで湿度を下げて臭い菌の数を減らすことに繋がるのです。

 

連続で履いてしまうと臭い菌が残った状態で、履くことになってしまうのでそれが足の臭いを増幅させる原因になってしまいます。

ローテンションする目的は雑菌を減らすことにあるので、ローテーションして臭いが減らなかった場合は元の菌が多すぎる、またはなくなっていない可能性があります。

 

その場合は別途これから紹介する蒸れを防ぐ方法や靴に臭いを殺菌・消臭するアイテムを組み合わせて活用しましょう。

 

通勤用と会社用で入れ替える方法も

ローテーションは1日だけで区切るのではなく、通勤用と会社用と入れ替える方法もあります。

通勤時は満員電車に乗ったり、朝に急いで走ったりと何かと汗をかきやすい要素が揃っているもの。

 

そのまま仕事に入ると既に雑菌が増殖した状態で仕事をすることになるので、臭いが発生する可能性が上がります。

そのため、会社用の靴を用意することで一度湿度をリセットする方法もあります。

靴を分けるとお金がかかりますが、余裕がある人は選択肢の1つとして取り入れてみて下さい。

 

靴の素材を変える

例えば、安い合皮より本革の靴の方が通気性や吸水性に優れているので、蒸れを回避しやすくなります。

基本的には合成ものより天然ものの方が高いものの通気性や吸湿性に優れています。ただ、合皮でも通気性をよくする加工が施されていることもあります。

 

また、防水加工をしているものは水分が中に入らないようにされている加工があるため、内側からの水分も発散しにくい構造になっています。

そのため、蒸れやすいと言えるでの注意が必要です。

 

中敷を入れる

靴の材質を変えるといってもたくさん靴を買うのは経済的に負担になると感じる人もいるかもしれません。

そんな人におすすめなのが、中敷を入れる方法です。

 

中敷には通気性や吸湿性を重視したものや消臭加工されているものもあります。

また、中敷をローテーションすることで臭い成分を靴の中に溜め込みにくくなるので、コスパもよく効果的な方法です。

 

▶︎成功率93%【足の臭い】解決 【菌ピタ君】公式サイトはコチラ

 

靴の臭いを殺菌・消臭するアイテムを使う

消臭スプレー

デオドラントスプレーは、プラスのイオンが雑菌のマイナスイオンと結合して菌を死滅させて殺菌できるものがあります。

 

▶︎足の臭い対策スプレー最強の組み合わせはコチラ! 足,靴,靴下を無臭に!

 

エタノール

エタノールはアルコールの1種でよく消毒に使われるものです。

靴の表面に使うと材質によって色落ちする可能性があるので注意が必要ですが、靴の内側にスプレーしたり、コットンに染み込ませて拭くことで靴の中を消毒します。

そうすることで、臭い菌を殺菌して撃退することができます。

 

ミョウバン

ミョウバンもアルコールのようにスーパーで購入できる手軽な消臭アイテム。

ミョウバンは水に溶けると酸性になる性質があり、酸性の殺菌力によって菌を撃退します。

 

重曹

重曹は炭酸水素ナトリウムのことで、ふくらし粉などにも使われていたり、キッチンなどの掃除にも使われるもの。

アルカリ性の物質なので、イソ吉草酸などの弱酸性の臭い物質を中和して臭いを軽減します。

 

グランズレメディ

グランズレメディは魔法の粉とも言われる靴・足の消臭パウダーです。ニュージーランド生まれで20年以上も愛用されています。

使い方は靴の中にパウダーを入れるだけと簡単で7日続けることで臭いの悩みが解決できるとされています。

 

炭は一定量の臭いを吸着してくれるものです。

殺菌成分は含まれていないため、アルコールなどを合わせて使うことで相乗効果が見込めます。

 

10円玉

10円玉に含まれている銅イオンが臭い菌とくっついて殺菌消臭に繋がるイオン系の消臭効果が期待できます。

ただ、効果は微々たるものなので、他の方法がおすすめです。

 

乾燥剤

乾燥剤として知られているシリカゲルは湿気を吸収してくれるだけでなく、臭いも吸着してくれる優れものです。

 

冷凍庫

「冷凍庫ってアイテムなの?笑」と感じる人もいるかもしれませんが、冷凍庫には雑菌の繁殖を抑える要素が揃っているんです。

  1. 臭い菌はマイナス15℃以下で活動を停止
  2. 冷凍庫の湿度は20%ほどであるため繁殖できない

このような特徴があるため、臭いを抑えることができます。

ただ、靴を冷凍庫に入れるのであれば家族の許可をとるのと合わせて、ビニール袋などに入れて汚れないように注意しましょう。

 

このように靴の臭いのためにできる対策はたくさんあります。

まずは取り入れやすいものから試してみて下さい。

続いては靴の臭い予防のためにやっておきたいことを紹介します。

 

靴の臭いを予防するためにもやっておきたい対策

靴の臭いを予防するためにできるケアを日中にできるケアとお家でのケアに分けてお伝えします。

 

靴の蒸れを防ぐ日中のケア

靴下・ストッキングを変える

先ほど靴のところでお伝えしたのと同じですが、午前と午後で靴下やストッキングを変えるという方法です。

臭い菌が靴下などから靴にも付いてしまうと靴から臭い原因になります。

靴下を変えることで、靴の中の湿度を下げることができ、なおかつ靴下に付いた菌もリセットできます。

 

足を拭く

靴下やストッキングを変えるタイミングで、除菌シートを使って足を拭きましょう。

指の間や爪の間、足の裏などくまなく拭くことで、湿度によって増殖した雑菌をなくすことができます。

 

足を乾かす

足を拭いたら乾かすようにしましょう。そのまま靴を履いてしまうと足に水分が付いている状態なので、湿度が上がりやすくなります。

乾かす時間が勿体無いという人はティッシュなどで水分を拭き取りましょう。

 

制汗スプレーを使う

最後に靴下を履く前に制汗スプレーを使います。

制汗スプレーをしておくことで、足の臭いや靴の臭いの一番の原因となる汗を予防できます。

 

また、足汗をかく際は「クサくなったらどうしよう」という精神的な原因から発汗するので、対策しているから大丈夫と思うことで、精神面での発汗も予防しやすくなります。

一番のおすすめ制汗スプレーは足サラです。

 

▶︎足サラの最安値は薬局,楽天,アマゾン,メルカリ?意外な真相を暴露

 

お家でのケア

足を清潔にしておく

家でできるケアとして大切なのが足をしっかり洗うこと。

臭いの原因菌の1つであるイソ吉草酸は落ちにくい性質がありますので、足の臭い対策石鹸を使うのがおすすめです。

 

指の間爪の間は特に臭いが発生しやすいポイントなのでしっかり洗うようにしましょう。

 

角質を取り除いておく

臭いの原因の1つが古い角質です。

古い角質は雑菌が繁殖しやすい環境が整ってしまいます。

そのため、週に1回は角質をケアするようにしましょう。

 

クリームを使う

角質を処理した後は保湿が必要です。

足の臭いを対策するクリームは消臭・殺菌効果以外にも、保湿効果を持っているものがあります。

臭いの原因菌を対策するのと合わせて保湿もできるので、デイリーにのケアとして足の臭い対策クリームを取り入れるのがおすすめです。

 

まとめ

足の臭いは靴の臭いと直結しています。

  1. 汗をかきにくくする対策
  2. 汗をかいても蒸れないための対策
  3. 蒸れても雑菌を増やさない対策
  4. 雑菌が増える前に減らす対策

この4つを意識しながらそれぞれの対策を行いましょう。

 

もしニオってしまった場合は、どこがいけなかったのかを考えることで、強化すべきポイントがわかります。

臭いの発生のメカニズムを理解して、靴の臭いを溜め込まないことで足の臭いも軽減できる状態に近くことができます。

足の臭い,女性