足の臭いは絨毯やフローリングの床にうつる!根本的な解決方法を紹介

足の臭い うつる

「絨毯やフローリングの床が臭くなる理由はなんで?」と考えながらこのページにたどり着いている方も多いと思います。

タイトルの通り絨毯やフローリングの床は足の臭いで臭くなることもありますが、その場合家族に足の臭いが相当臭い人がいるはずです!

根本的に解決するためには大方予想がついているとは思いますが(笑)、犯人を探し出し足の臭い対策を徹底する必要があります。

絨毯やカーペーット自体や足の臭いの根本的な対策までまとめてお伝えするので、ぜひ活用してみて下さい。

まずは、足の臭いがうつる理由からお伝えします。

そもそもなぜ足の臭いがうつるかは臭いの発生と菌の濃度で説明できる

足の臭い

足の臭いが発生するのは汗をかいて足が蒸れて雑菌が繁殖して汗と混じった皮脂や角質を分解するときにイソ吉草酸(いそきっそうさん)などの低級脂肪酸を生み出すからです。

そして、足の臭いが『臭い』と認識されるのは、『臭い』とわかるボーダーライン(閾値=いきちorしきいち)があってそれを超えるから。

例えば靴に臭い菌が残っていると足が臭くなりやすいのはそれだけボーダーラインを突破しやすいからといえます。

足の臭い ボーダライン 靴の臭い 原因 図解

靴が原因で足の臭いが発生する理由は図解するとこんなイメージです。

これは絨毯やフローリングの床にも同じことが言えます。

フローリングの床の方が繊維質ではないので、臭い菌を吸着する面積が少ないですが、絨毯なら繊維の間に膨大な臭い菌がついてしまうことによって足の臭いクサくなってしまうということです。

絨毯に『臭い』とわかるほどの足の臭い菌が密集すると足の臭いがする絨毯が完成してしまうんです!

足の臭いクサい絨毯やフローリングの床はどう対策すればいいのか?

question

答えは簡単で殺菌・消臭することです。こびりついてしまったニオイ菌をなすくことと合わせて、発生している臭気を消す必要があります。

絨毯・フローリング対策でおすすめなのが重曹スプレーです。

重曹はアルカリ性で足の臭い菌であるイソ吉草酸などの低級脂肪酸は弱酸性なので、重曹スプレーをすることで殺菌することができます。

面倒でなければ重曹の粉末には臭いを吸着する効果がありますので、粉末をかけたあとに水分と洗剤を含んだ布で拭き取って最後に掃除機をするとより完璧です。

重曹スプレーの作り方は重曹を使った足の臭い対策の記事で触れていますので合わせてご覧になってみて下さい。

根本的な解決方法はやはり足の臭いをなくすこと

足の臭いをとる方法 最強

いくら絨毯の対策をしたとしても足の臭いがクサいままだったら再び絨毯やフローリングの床も再び足の臭いクサくなります。

足の臭い対策は足の臭いの『原因と対策まとめ』で詳しくお伝えしていますが、靴と靴下と足自体の3つへの対策が肝心です。

一番重要なのはやはり足への対策です。足の臭いの発生については既にお伝えの通り、汗、蒸れ、雑菌、角質が関係しています。

これらをたった1つのアイテムで全て対策できるのがクリームです。

絨毯にうつるくらいの足の臭いはやはり相当クサく足の臭いが発生しやすく菌も多いと考えられますので、対策できる箇所が中途半端な市販品よりも、当サイトおすすめの足の臭い対策クリームランキングを参考にクリームを試してみて下さい。

まとめ

足の臭いが絨毯やフローリングにうつってしまう原因は、足の臭いが強力で絨毯などにクサいとわかる量の臭い菌がうつってしまっているためでした。

相当な量が絨毯に潜んでいることがわかりますので、足の臭い対策石鹸などのアイテムを組み合わせて足の臭いを抑えていきましょう。

足の臭いが臭すぎるから一番効果があるものから選びたいという方は人気No.1のデオシークを試してみて下さい。

クリーム以外にもサプリやボディーソープなどお好みの組み合わせを選んで対策できます。

足の臭い,女性