足の臭いを消すにはツボ押しが効果的!汗は無臭の嘘を暴く

足の臭い ツボ

「足の臭いにツボ押しって効果があるの??」と気になってませんか?

結論からお伝えすると効果があります。なぜなら、足の臭いの1つの原因は汗の質が落ちて、汗の中に老廃物が混じり汗自体がクサくなるからです。

「!?」「ちょっと待って!汗って無臭なんじゃないの?」と感じているかもしれませんが、それには条件があるんです。

ツボ押しでめぐりがよくなれば老廃物が流れてニオイの原因になりにくい汗をかくことになり老廃物や臭い成分が出にくくなります。

この記事では足の臭いの原因の1つである老廃物の正体やツボ押しでどのような効果が見込めるのかと合わせて具体的に押すべきツボをお伝えしていきます。

押すだけで簡単なツボ押しで足の臭い対策に興味があるならぜひご覧になって下さい。

足の臭いの原因の1つは汗から老廃物が出てしまうこと

「汗自体は無臭」の嘘

足の臭い

足の臭いが発生する基本的な原因は足の汗をかき靴が蒸れて、蒸れで雑菌が繁殖して、雑菌が汗と混じった皮脂や角質を分解しておきます。しかし、それ以外にもそもそも出た汗がクサいというケースがあるのはご存知でしょうか?

これは汗の質に関係してきます。

通常の汗はサラサラで水に近い状態。少ない量で体温調節もできるので蒸れにくく足の雑菌が繁殖しにくい特徴があります。

一方、汗の質が悪いとベトベトで、血中の成分が汗と一緒に出やすくなり、貴重なミネラルが汗として出てしまうだけでなく老廃物なども出やすい状態になります。しかも、体温調節に多量の汗が必要になり、足がアルカリ性にちかづくので雑菌が繁殖しやすく、足がクサくなる環境が整ってしまうんです。

よく「汗自体は無臭」といった話がありますが、それは汗の質が正常な状態のことであって質が落ちた汗は汗自体が臭います。

つまり、「質のいい汗は無臭」が正しいということです。

ちなみに汗の質が落ちるのは汗をかく機会が減っているからです。

具体的には運動不足や冷房の使い過ぎで自然と汗をかくことが少ないため、働かずにサボっている汗腺が増えてしまうことで起こります。

老廃物の正体

注意点,驚き

ところで気になるのは「老廃物ってそもそもなんなの!?」というところではないでしょうか?

老廃物は栄養素が作られたり分解されたりする代謝活動の中で出たゴミです。例えばわかりやすい例が尿。尿は血液の中の水分や不要なものと一緒に老廃物を出してくれています。

老廃物の主な成分はアンモニア、尿酸、尿素、乳酸などで自然に尿や便として排出されるのですが、新陳代謝の低下やストレスによる自律神経の乱れで体内に滞ることがあります。

体内に滞ることで多くの女性が悩まされているのが『むくみ』ですよね。老廃物は血中にも存在していて、それが汗と一緒に出てしまうとニオイが発生することになります。

続いては、足の臭いを消すのにツボが効果的なポイントをお伝えします。

足の臭いを消すのにツボ押しが有効な3つのポイント

足の臭い,ツボ
足の臭いにツボ押しが効果的な3つの理由
  1. 代謝が上がり老廃物が流れやすくなる
  2. 血行がよくなり汗の質が上がる
  3. 自律神経を整えることができる

それぞれ説明していきます。

代謝が上がり老廃物が流れやすくなる

ツボには代謝を上げるツボがあります。代謝が上がれば老廃物を溜め込んでしまう状態を改善できるので、それによって汗として出てしまう老廃物がない状態を目指すことができます。

血行がよくなり汗の質が上がる

ツボ押しには血行がよくなる効果があります。血行がよくなるとそれだけ汗をかきやすい状態になります。汗の質が落ちている人は汗をかくことで汗をかく力が上昇して質が上がりニオイにくい汗になります。

自律神経を整えることができる

汗をコントロールしているのは自律神経の交感神経です。自律神経のバランスを整えるツボがあり、自律神経の乱れで汗が出やすい状態を改善できます。

続いては具体的なツボをお伝えしていきます。

足の臭いに有効な足のツボ3選

足の臭い,ツボ

太衝(たいしょう)

行間に先にある骨のつなぎ目のツボです。代謝に有効に働く以外にも総合的にカラダに効くツボであり、冷えや疲れ、体臭にも有効です。

行間(こうかん)

行間は人差し指と足の親指の間で自律神経のバランスを整えてくれます。

それ以外にも下腹部やデリケートゾーンにも効果があるとされていて、デリケートゾーンのニオイを抑えてくれます。

湧泉(ゆうせん)

湧泉は足の裏のツボで土踏まずの中央上にあります。足の指を曲げて凹んだところとお伝えした方がわかりやすいかもしれません。

万能のツボと言われていて、カラダを元気にしてくれるツボです。自律神経以外にもむくみや疲労感、不眠、食欲不振など様々な効果があります。

足のツボの効果的な押し方は?

question

足のツボの押し方は親指の腹で3秒かけて押して、2秒押した状態にして、3秒かけて離すのを数分繰り返すようにします。

押してみて痛いのはそれだけ弱っている証拠です。痛みがひどいときは、さするくらいでも十分です。力任せにやったり、同じ場所を長時間行ってしまうと炎症を起こしてしまったり、筋肉が痛んでしまう可能性もありますので、注意を払いましょう。

血流がよくなっているお風呂上がりに行うのが効果的で、押したあとは水をたくさん飲んで老廃物を流すようにしましょう。また、ツボを押すときは息を吐きながら、話すときは息を吸いながら、呼吸を意識して押すと効果を高めることができます。

足のツボ押しをやめた方がいいときはあるの?

考える
足のツボ押しをやめた方がいい場合
  1. 妊娠中(安定期前)
  2. 怪我など異常があるとき
  3. 食後30分以内
  4. サウナに入ったあと
  5. 熱があるとき
  6. お酒を飲んだあと
  7. 手術のあと

このようなときにツボを押してしまうとかえって体調に悪影響を及ぼす可能性があります。特に妊娠中の安定期前はNGです!また、普段と体調が違うと感じるときや違和感があるときはやめておきましょう。

ツボ押しだけではどうにもならない足の臭いのために合わせて行いたい対策

悩み

ツボ押しは体質改善の1つとしては有効ですが、効果は続けることで初めて得られるものです。ツボを押したからといって一瞬で治るようなものではありません。

なので、すぐにでも足の臭いをどうにかしたいと感じているのであれば、他の方法も合わせて試して方がいいでしょう。

そこで、おすすめなのが足の臭い対策クリームです。足の臭い対策クリームは制汗、消臭、殺菌、角質ケアなど1つのアイテムで多岐にわたる効果をもたらしてくれ、国もその効果を認めているものが多数あります。

  • ツボ押し…中長期的なアプローチ
  • クリーム…短中期的なアプローチ

このように併用することで足の臭いの改善にまんべんなくアプローチできますし、お風呂上がりにツボ押しをしてその後クリームを塗ることで相乗効果が見込めます。

おすすめのクリームもお伝えしていますので、足の臭いがクサくて悩んでいる方はご覧になってみて下さい。

また、もっと徹底して内側から対策したい方にはサプリメントを取り入れてみるのも1つの方法です。

まとめ

足の臭いには血行の悪化や老廃物がたまっていることによって汗自体がクサくなるケースもあり、足の臭いにツボは有効であることがわかりましたね。

  1. 代謝の上昇
  2. 血行促進
  3. 自律神経の調整効果

3つ観点から足の臭いに効果をもたらしてくれるツボを効果的に押して足の臭い撃退に役立ててみて下さい。

クリームも合わせて併用することで足の臭いへの対策は確かなものとなるでしょう。ツボ押しも大切ですが、普段の生活習慣に気をつけて老廃物をためないように心がけるのが一番大切です。

足の臭いは習慣から生まれる部分も多数ありますので、運動やバランスの取れた食事を取り入れて、憎っくき足の臭いを撲滅しましょう。

足の臭い,女性