足の臭いが外出先で発生!ヤバい状況を回避するには?

足の臭い 外出先

「外出先なのに足の臭いがヤバい!!」と焦っていませんか?

 

お風呂に今すぐ入れれば最高ですが、外出先ではそうも行きません。

外出先で今すぐできる対策と合わせて、普段から予防する方法をまとめました。

 

足の臭いが発生するメカニズムを簡単におさらい

まずは足の臭いが発生してしまうメカニズムを簡単におさらいしましょう。

 

足の臭いが発生するのは、

  1. 蒸れ
  2. 雑菌の繁殖
  3. 皮脂や角質の量

この4つが大きく関わっています。

 

精神的な要因や気温などの温度の要因などで汗が出て、靴の中が蒸れて大量に繁殖した雑菌が皮脂や角質を分解して臭いの原因菌を大量に繁殖させてしまうのです。

4番の皮脂や角質の量は普段のお手入れがものをいいますので、外出先で対策する際は3→1に向かって対策していくのがいいでしょう。

 

足の臭いを外出先で対処する方法

外出先ではあまり時間がなかったり、対策できるツールが限られている状況であることが多いと思います。

近くにコンビニがあればラッキーですが、そうもいかないときもあるかもしれません。

足の臭いが普段から気になる人は事前に対策アイテムを携帯するようにしておきましょう。

 

まずは足の菌を除去する

トイレなど人目につかないところを探して、靴下やストッキングを脱いで足を除菌シートで拭きましょう。

クサい足は雑菌が大量に繁殖していて臭い菌がたくさんついています。

除菌シートで拭き取ることで、菌を消し去り、清潔な状態の足に近づけましょう。

 

除菌シートがない場合はトイレットペーパーを濡らすなどして対応します。爪の間や指の間は特に雑菌が繁殖しやすいので、注意が必要です。

 

靴の中の菌も除去する

続いては靴の中の菌も除去します。足の臭いが大変な場合は靴にも菌が潜んでいる場合があります。

除菌シートを持っていない場合はのちにお伝えする消臭アイテムで対応しましょう。

 

一度乾拭きして水分をとる

足も靴も除菌シートは少し濡れているので、水分を含んでいます。

そのため、一度ティッシュなど濡れていないシートで足や靴の中を拭き水分をとります。

 

雑菌が繁殖するのは湿度が70%以上のときです。余分な水分を与えないようにしましょう。

これによって蒸れを抑えることができます。

 

制汗・消臭アイテムを使う

続いては携帯できるスプレータイプの制汗・消臭アイテムを使って足や靴にスプレーします。

市販のものでもいいですが、足の臭いが気になるなら有効成分がちゃんと配合されている消臭スプレーがおすすめです。

 

足にスプレーするアイテムの場合、厚生労働省が認めている殺菌の有効成分・イソプロピルメチルフェノール。

制汗の有効成分・パラフェノールスルホン酸亜鉛が含まれているのかを確認しましょう。

 

それ以外にも、消臭成分として渋柿エキスなどが含まれているかも成分チェックのポイントです。

渋柿エキス以外にもセージ、シャクヤク、アマチャ、ユキノシタ、海藻、ドクダミなどが消臭エキスとして有名です。

 

靴下・ストッキングを入れ替える

最後に靴下やストッキングを入れ替えます。

靴下やストッキングには汗がついていて、それによって繁殖した雑菌、臭いの成分が染み込んでしまっている可能性があり、水分を持っている状態です。

 

そのため、靴下やストッキングを入れ替えることでリセットすることが重要なんです。

替えのものがない場合は、除菌シートで拭いたり、消臭スプレーを吹きかけ、水分をとるようにしましょう。

 

臭いの対策をする際は、足、靴下など、靴自体の3点に対して、発生する要因である汗、蒸れ、雑菌を除去する対処が大切です。

 

足の臭いが外出先で発生しないように日頃からできる対策

皮脂や角質などのケアはいきなりできるものではありません。日頃からのケアが大切です。

ここでは外出先で足の臭いに悩まされないように日頃からできる対策をご紹介していきます。

 

足を清潔にする

当たり前のように感じるかもしれませんが、足を清潔に保つのが臭い対策の上では重要です。

汚れやすいものの、盲点になりやすい爪の間や指の間を中心に足全体を優しく洗うようにしましょう。

 

ゴシゴシと洗うと必要な菌まで落としてしまい、皮膚表面がアルカリ性になることで黄色ブドウ球菌が繁殖してアンモニア臭がしてしまうことになりかねません。

清潔にすることは大切ですが、洗い方には気をつけるようにしましょう。

 

足の臭いが気になる人は日常的に足の臭いの対策ができる石鹸を取り入れてみて下さい。

 

足の角質のケア

雑菌は古い角質が大好きです。

角質をケアしていないとそれだけ、雑菌の繁殖力を増加させてしまいます。

 

週に1回はピーリングしたり、軽石やリムーバーなどで角質ケアをしてあげましょう。

 

靴の殺菌をしておく

足だけでなく靴のケアも臭い解消のためには重要です。靴の殺菌はアルコールや消臭・殺菌のスプレーなど様々な方法があります。

自分のライフスタイルにあった続けられる方法を取り入れていきましょう。

 

靴に臭いをしみこませない工夫

靴に臭いを染み込ませないためには、靴を毎日履かないことが大切です。

靴を休ませて風通しのいいところで靴の中を乾燥させて臭い菌が増えないようにしましょう。

 

外出先のケアのために持っておきたい足の臭い対策アイテム一覧

営業などで外回りをする場合は特に足の臭いが気になると思います。

それ以外にも、友達との旅行で迷惑をかけたくないと考えている人も多いのではないでしょうか?

 

そこで、外出先でもケアに困らないように対策アイテムをまとめておきます。

 

除菌シート

足を拭くための除菌シートはコンビニでも売っているため比較的入手しやすいアイテム。キレイキレイの除菌シートがおすすめです。

持っておくだけで自分の足の臭い以外にも何かあったときにサッと出せれば女子力を感じさせるアイテムです。

 

ポケットティッシュ

ティッシュも足の臭い以外にも何かあった時に便利なアイテム。

コンビニで売っているので、なくてもすぐに補充できます。

 

予備の靴下やストッキング

足の臭いが気になるのであれば、予備の靴下やストッキングは持っておきたいところ。

コンビニでも売ってはいますが、デニールがいつも使っているものと違うという問題や靴下の場合デザインの問題もありますので、事前に用意しておきましょう。

 

制汗スプレー

制汗スプレーもコンビニで売っていますが、できればしっかり効果があるものを持っておきたいところ。

すでに含まれていた方がいい有効成分についてはお伝えしていますが、商品自体が色々あって正直選ぶのは面倒と感じている人もいるかもしれません。

 

当サイトでおすすめしているのは足サラです。

有効成分がしっかり含まれていて、ストッキングや靴下の上からでも使えるので、「正直、足の臭いは気になるけど色々対策するのはめんどい」というのであれば、かなり時短に繋がるため持っておきたいアイテムです。

 

まとめ

汗、蒸れ、雑菌の増加を抑えるのと合わせて、普段から皮脂や角質のケアをすることで足の臭いを軽減することができます。

 

仕事にプライベートに外出するシチュエーションは様々ですが、足の臭いがキツいとそれだけ周りに迷惑をかけてしまい、集中できなくなってしまいますよね。

人間関係に悪い影響が生じたり、臭いのせいでストレスを感じて楽しくなくなってしまうことがないように正しいケアを実践しましょう。

 

外出先で足の臭いが気になった場合でもアイテムを駆使して効率よく足の臭いを撃退して心晴れやかに日々を過ごせることを願っています。

足の臭い,女性