足の臭いがオフィスに充満!職場が臭くなる3つの理由と対策5選

足の臭い オフィス

「私の足の臭いがオフィスに充満している?・・・これはヤバい!!」と感じたことはありませんか?

足の臭いは職場でも多くの人が気になるニオイの問題の1つ。あまりにクサイと陰口を言われてしまう可能性もあります。

迷惑をかけたいわけではないのにどうにもならない足の臭いに困っているのはあなたが優しい人である証拠。

この記事では、オフィスでの足の臭い対策についてお伝えしていきますので、足の臭いの悩みから解放されて仕事に集中したい人は必見です。

働く女性のうち72.3%が足のニオイが気になると回答

足の臭い

株式会社ネオマーケティングの調査では足の臭いが気になっている女性は実に72.3%もいることが判明しています。調査対象は2,000人で20〜39歳を対象にしているのですが、どの年代でも7割を超える人が気になっているという調査結果です。

一方で、働く女性のうち約7割の女性はストッキングを履いていて、ストッキングは吸水性に乏しいナイロンなどの材質でできているため ニオイに繋がっているとも考えられます。

ストッキングを履いている女性は足の臭い対策が必須と言えるでしょう。

また、臭い対策として多くの女性に行われているのは朝、家を出る前のスプレーが50.9%、クリームが65.4%であることがわかっています。

(出典:https://www.atpress.ne.jp/news/56159)

オフィスや職場に足の臭いが充満する3つの理由

question

足の臭いが出てしまうのは、汗をかいて、足が蒸れて、雑菌が繁殖して、角質や皮脂を分解するからです。

でも、それは分かっているし、対策しているつもりなのにニオイが発生してしまう・・・という人もいるのではないでしょうか?

対策しているのに足の臭いがオフィスで発生する理由
  • 使ってるスプレーやクリームの効果が薄い
  • 角質への対策をしていない
  • 靴に対する対策をしていない

オフィスで足の臭いが発生してしまうのはこのような理由があると考えられます。

使ってるスプレーやクリームの効果が薄い

スプレーやクリームは使っているものの殺菌成分や制汗成分の効果が薄い可能性があります。

その場合は、医薬部外品として効果を国から認められている殺菌成分のイソプロピルメチルフェノール、制汗成分のパラフェノールスルホン酸亜鉛が含まれているものを選ぶようにしましょう。

また、臭いが発生しやすい指や爪の間に十分に成分が行き届いていない可能性があります。サッと対策するだけでなく、臭いの原因になりやすい場所に使えているのか意識的に使ってみましょう。

クリームが気になる方は当サイトで一番人気のクリーム・デオシークもご覧になってみて下さい。

角質への対策をしていない

先ほどの働く女性のニオイに対するアンケートでは約6割の人がニオイの原因の1つが角質なのを知らないと回答しています。

増えた雑菌が古い角質を分解してニオイ成分を生んでしまうので、角質の量はニオイの量に直結します。

今回はオフィスでできる対策を中心に紹介するため普段のケアについては触れませんが、角質ケアの記事でお伝えしていますので、気になる人はご覧になって下さい。

靴やストッキングへの対策をしていない

足がクサいと認識されてしまうのは人が認識できるだけの臭い成分が蓄積しているからです。

靴やストッキングを交換したり、除菌しないと臭いがどんどん蓄積されてしまいニオイがわかるようになってしまいます。

オフィスや職場でできる足の臭い対策5選

足の臭い,オフィス,職場

靴をローテーションする

オフィスの靴を毎日履いてしまうとそれだけ、臭い菌が蓄積されてしまいます。蓄積された靴を履き続けるとそれだけ臭いやすくなってしまうんです。

靴をローテーションすることでそれだけ、臭いが蓄積されるのを軽減できます。ローテーションしている間は靴についた雑菌や臭い菌が増殖しないように風通しのいい場所において乾燥させるようにしましょう。

靴を消臭する

靴自体を消臭することで臭い菌が認識されてしまう量に到達するのを防ぐことができます。消臭成分のみのデオドラントではなく、殺菌の有効成分であるイソプロピルメチルフェノールが含まれているものを選ぶのがポイントです。

パウダータイプなら入れて置くだけでいいのでグランズレメディなどの消臭パウダーを活用しましょう。

靴の湿度を下げる

靴の湿度は新聞紙や乾燥剤(シリカゲル)などを入れることで乾燥させることができます。乾燥させるものの中でおすすめなのが炭です。

炭には湿気や臭い原因成分を吸着してくれる穴があり、ロッカーなど湿度が落ちにくい保管場所の靴の臭いや湿気をとるのに適しています。また、新聞紙は湿気を吸ってくれるのでおすすめです。

炭の注意点は一定量吸着するとそれ以上湿気や成分を吸着できなくなり効果がきれるので、定期的に入れ替えることが必要な点です。

また、炭には殺菌成分はありませんので、その点も注意が必要です。

ストッキングを交換する

ストッキンングを交換することで、蒸れている状態をリセットできます。蒸れてる状態をリセットできるということは雑菌の繁殖を抑えることができるということです。

ただ、足には繁殖した雑菌がついたままですので、足をウェットティッシュや除菌シートで拭き取って、乾かしてから除菌するようにしましょう。

効果の高い足の臭い対策スプレーを使う

ストッキングを入れ替えたり、足を拭いたりするのは正直面倒という人もいるのではないでしょうか?

足の臭いに悩んでいるものの、トイレにわざわざ替えのストッキングやウェットティッシュを持っていって履き替えるのは正直恥ずかしい・・・。

そんな人もいると思います。

そこでおすすめなのが、効果の高い足の臭い対策スプレーを使う方法です。市販で安いものはありますが、実は殺菌成分が入っておらず臭いを抑えられなかったり、スプレーについている臭いが足の臭いと混ざって悪化させることもあります。

足サラなら口コミでも高い評価を誇っていて、殺菌・制汗・消臭と必要な成分が含まれていて、ストッキングをたくさん買って捨ててを繰り返すよりもコスパ面でお得です。

まとめ

足の臭いに対してオフィスでできる対策は家に比べて少ないのですが、靴をしっかりと対策することでもっと足の臭いを抑えることができるはずです。

臭いが気になって仕事に集中できなかったり、周りの人に迷惑をかけていると責任を感じる状態は本当に辛いですが、1つ1つ解決していきましょう。

悩みが深い人は出勤前に足の臭い対策クリームを塗ってみて下さい。クリームは当サイト人気No.1のデオシークがおすすめです。

足の臭い,女性