足の臭い対策にカビキラーは成分が危険!カビキラー臭い足の対処法も解説

足の臭い カビキラー

もしかすると「カビキラーくらい強いものでないと自分の足の臭いは落ちない」と思っていませんか?

カビキラーはジョンソン社が販売しているカビに対する対策アイテムですが、殺菌力がありカビの根っこまでしっかり効くとされているので、「足の臭いの臭い菌に対する殺菌力に優れているのでは?」と考える人も多いと思います。

結論からお伝えするとカビキラーは皮膚に対して危険が伴いますのでおすすめはできません。むしろ、足の臭いを助長させてしまう可能性さえあります。

また、足の臭いがカビキラーのような刺激臭で悩んでいる方もいると思いますので、そちらの対処方法もお伝えします。

対策アイテムとして考えている人も臭いに悩んでいる人も必見です!カビキラーを使わなくても足の臭いは撃退可能です。

ネットでは足の臭いにカビキラーが効くなんて声もあるけど、実際どう?

question
  • 水虫対策に使ったら足の臭いがなくなった
  • 仕事帰りに吹き付けたらクサくなくなった

このような口コミがネットではありますが、本当に大丈夫なのでしょうか?

中には藁にもすがる想いでカビキラーを足に使ってみようか悩んでいる人もいると思います。カビキラーにも色々種類がありますので、まずはどのような種類があるのかみていきましょう。

カビキラーの種類

足の臭い カビキラー 成分 足の臭い カビキラー 成分
  1. カビキラー(赤)
  2. カビキラー電動スプレー
  3. ゴムパッキン用カビキラー
  4. カビキラー除菌@キッチン漂白・ヌメリとり
  5. 洗たく槽カビキラー(塩素系)
  6. アクティブ酸素で落とす洗たく槽カビキラー(非塩素系)
  7. カビキラーアルコール除菌食卓用
  8. カビキラーアルコール除菌キッチン用

カビキラーには8種類のラインナップがあります。カビキラー=赤いといったイメージが強いですが、それ以外にもアルコール除菌の製品があったり、塩素系でない洗たく槽のためのものもあるんですね。

これはブランドネームを使うためといった意味合いが強いのかもしれません。1〜5までが塩素系の主成分を使っています。続いては赤いカビキラーの成分をお伝えしていきます。

カビキラー(赤)の主成分は?

授業

次亜塩素酸ナトリウム

漂白剤として使われている消毒殺菌成分です。塩素系漂白剤として有名なハイターにも含まれていたり、プールや水道の殺菌にも使われる成分です。

毒性が強く数百倍に薄めたとしても皮膚がただれる恐れがあり、酢やクエン酸などの酸性が強い物質に混ざると有毒な塩素ガスが発生するため注意が必要です。

水酸化ナトリウム

次亜塩素酸ナトリウムは酸性になると毒ガスを発するため、アルカリ性になるように混ぜてあるのが水酸化ナトリウムです。水酸化ナトリウムは劇薬としても知られていて、強アルカリ性なので皮膚についてしまうと化学火傷によって皮膚が溶けてしまいます。

界面活性剤

  • アルキルアミンオキシド
  • アルキルスルホン酸ナトリウム
  • アルキル硫酸エステルナトリウム

3種類の界面活性剤が使われています。界面活性剤というと悪いイメージがありますが、石鹸や洗剤には含まれていて、汚れを落とす洗浄作用があります。

足の臭い対策にカビキラーがおすすめできない理由

病気

当たり前のように感じるかもしれませんが、カビキラーは人間に使うように作られていません。公式サイトでも商品が定めるの目的外での使用は控えるようにかかれています。

カビキラーは強いアルカリ性。「薄めて使えば・・・」と考える人もいるかもしれませんが、皮膚がただれたりと健康被害に陥る可能性もあります。

また、殺菌をすれば足の臭いがなくなると考えている人もいるかもしれませんが、実は足の臭いは殺菌しすぎると正常なバリア機能を失ってかえってクサくなります。

強い殺菌力を求めた結果バリア機能を足の皮膚が失ってクサくなってしまったら元も子もありません。

カビキラーがおすすめできない理由まとめ
  1. 足の臭いのために作られていない
  2. 強アルカリ性で危険性がある
  3. 過度な殺菌で逆に足がクサくなる

足の臭い対策にキッチン用のアルコール除菌カビキラーを使うのはありなのか?

Q&A

「赤いカビキラーがダメならキッチン用のものはどうだろう?」と考えている人もいるかもしれませんが、こちらもおすすめではありません。

アルコールが使われいるため、確かに赤のカビキラーと比べると刺激性の心配はないかもしれませんが、足の臭い対策には殺菌以外にも制汗も重要です。

残念ながら制汗の有効成分は含まれてないため、足の臭いを完全に消し去ることは難しいです。

足の臭い自体がカビキラー臭い原因や対処方法は?

考える

足の臭いがカビキラー臭いのは稀なことですが、カビキラーは強アルカリ性なので、感じている臭いはアルカリ性の刺激臭ということになります。

アルカリ性の臭いが起きるケースはアンモニアが関連している可能性が高いと言えます。

1つめはお酒を飲み過ぎで肝臓機能が低下してアンモニアを無毒化できずに血液と一緒に出るケース。

2つめは疲労の蓄積で乳酸と一緒にアンモニアがでるケース。

それ以外にも、足の常在菌が減ってしまい、アルカリ性に傾き臭いを発している可能性も考えられます。

基本的には規則正しい生活を心がけ暴飲を避けてカラダの免疫を回復させるのが第一です。後は足をゴシゴシと洗うと常在菌を必要以上に流してしまい、アルカリ性の臭いを発生させる原因にもなりますので、注意が必要です。

カビキラーを使わなくても長年悩んだ足の臭いが改善したアイテムとは?

自由

様々な足の臭い対策アイテムを試した人にも支持されているのがデオドラントクリームです。なぜ効果があるのかというと足の臭いの発生原因を潰せる要素が全て含まれているからです。

カビキラーができる殺菌だけではなくクリームなら殺菌・制汗・消臭・角質ケアと4つの対策がたった1つのアイテムで可能です。

たった1つのアイテムで足の臭いの原因を全て対策できるなんだお得ですよね。本当に足の臭いを改善したい人は足の臭い対策クリームを試してみて下さい。

人気の商品から選びたい方は『デオシークの口コミ1位は嘘?辛口な2chの評判と画像ありレビュー』もご覧になってみて下さい。

まとめ

足の臭い対策にカビキラーがおすすめできないのは危険性や足の臭いが過度の殺菌によってバリア機能を失ってクサくなる可能性があるからでした。

足の臭いを改善するためには、原因の理解とそれに対する正しい対策が重要です。効果が劇的なものは必ずカラダに負担をかける危険性があります。

まずは自分の足の臭いがどのような原因で起こっているのかを理解して対策に役立てて下さい。

まだ原因がイマイチわからない人は『足の臭い女性の原因と対策や正しい対策グッズの選び方まとめ』をご覧になってみて下さい。

足の臭い,女性