足の臭いを食生活で無臭へ! 臭いの原因を作る食べ物や食べ方まとめ

足の臭い 食生活 食事

「足の臭いはやっぱり食生活のせい?」と感じている人も多いと思いますがズバリその通りです。食生活が足の臭いに与える影響は計り知れません。なぜなら食べたものからニオイの成分は作られ汗と混じって出てしまうからです。

食生活をガラリと変えるのは難しいですが、ちょっと注意するだけで防げることもあります。この記事を読むだけで、食生活の影響、NGな食べ物や食生活、取るべき栄養素や食べ方まで丸わかりです!

足の臭いが食べ物が原因で起こる理由を簡単にまとめると…?

question
足の臭いに食べ物が与える影響
  1. 毒素や老廃物がニオイになる
  2. 内臓疲労でニオイが抑えられない
  3. 皮脂分泌を増加して雑菌を増やす
  4. 角質が溜まり雑菌を増やす
  5. 最悪の場合うんち臭くなる

食べ物はこのように様々な角度から足の臭いを誕生させます。防ぐためにはNGな食べ物や飲み物を避けることが重要です!

まずは、過剰摂取を控えた方がいいものをチェックしていきましょう。

足の臭いの原因になる過剰摂取はNGな食べ物や飲み物7選

NG

動物性タンパク質が多いものは毒素の原因になる可能性あり

足の臭い,食生活,食べ物,原因

お肉や魚、卵、乳製品に含まれる動物性タンパク質は筋肉の原料にもなりますが、消化効率がよくないものも多いです。消化に時間がかかると腸内で消化する際に繊毛(せんもう)に引っかかり腐敗して毒素を排出することがあります。

毒素が血流にのり汗と一緒に出ると臭くなります。一緒に食物繊維も食べるようにしましょう。

動物性タンパク質が多い食べ物
  • 鶏むね肉
  • 牛モモの赤み
  • タラ
  • 豚ヒレ肉
  • ホタテ
  • エビ
  • イカ

脂っこいものは皮脂を分泌させ内臓を疲れさせる

足の臭い,食生活,食べ物,原因

脂質を多く含む食品は血中の中性脂肪が増え、皮脂腺から皮脂を分泌する要因になります。皮脂は足の臭いを作る雑菌の栄養になり臭いを増幅させます。

また、食べ過ぎると内臓が疲れて臭いが足からも出やすくなるため注意が必要です。内臓と足の臭いの関係が詳しく知りたい方は『足の臭いの原因は内臓?盲点となる臭いの原因と対策を解説』もご覧になってみて下さい。

脂質が多い食べ物
  • 唐揚げ
  • とんかつ
  • てんぷら
  • バター
  • チーズ
  • 生クリーム

塩分が多いものは老廃物をためてむくみの原因にもなる

足の臭い,食生活,食べ物,原因

塩分は高血圧学会が掲げる推奨値では6g未満、厚生労働省が掲げる水準では女性は7gです。塩分は取り過ぎるとめぐりが悪くなり、むくみの原因にもなります。

めぐりが悪い状態では老廃物が排出されにくく、老廃物にはアンモニアが含まれいるので、汗と一緒に出ると足の臭いの原因になります。

足の臭いとむくみが気になる方は『足の臭いとむくみの共通点!臭太い地獄を脱する方法とは?』もご覧になってみて下さい。

塩分が多いもの
  • 醤油
  • ザーサイ
  • 味噌
  • ソース
  • 生ハム
  • 明太子

塩分は調味料に多く含まれているので、つけすぎやかけすぎには特に注意しましょう。

辛いものは内臓疲労やニオイの元になる

足の臭い,食生活,食べ物,原因

辛いものを食べたときの汗は基本的に顔を中心に上半身が中心です。味覚性発汗と言われており、基本的に足に汗はかきません。

ただ、辛いものは食べ過ぎると胃に負担がかかり内臓疲労を招きます。

臭いが強い食べ物はそのまま臭いに繋がる

足の臭い,食生活,食べ物,原因

臭いが強い食べ物といえばニンニク。それ以外にもニラやチーズなどがあります。これらの食べ物は代謝する際に刺激臭が生まれてしまい、汗と一緒に分泌されるとクサいニ臭いになります。

添加物が多い食べ物は肝臓に負担をかける

足の臭い,食生活,食べ物,原因

肝臓はカラダの有害物質や添加物を代謝、分解して無害にしてくれる役割があります。添加物が多いとそれだけ負担をかけることになります。

肝臓の機能が弱ってしまうと食べ物の臭いがそのまま出てしまいます。また、カビ臭くなったり、アンモニア臭がするので注意が必要です。

冷たい食べ物や飲み物はめぐりを悪くする

足の臭い,食生活,食べ物,原因

冷たい食べ物や飲み物はカラダを冷やしてしまいめぐりを悪くします。塩分のところでお伝えしたむくみ以外にも必要な栄養が行き届かずに足の乾燥を招いたり、ターンオーバーの乱れを招くこともあります。

すると、古い角質が溜まり雑菌が繁殖しやすくなるので、取りすぎには注意が必要です。

コーヒーやアルコールは実は臭いの大敵

足の臭い,食生活,食べ物,原因

コーヒーを飲み過ぎると皮脂を分泌が促進されます。これはコーヒーに油分が含まれているからです。また、カフェインによって交換神経が優位になると男性ホルモンの分泌が活発になり、これも皮脂を分泌する要因になります。

また、アルコールは肝臓に負担をかけ、飲み過ぎると分解できなかったアンモニアが汗に混ざって足の臭いの原因になる注意が必要です。

足の臭いは食生活が悪いと最悪の場合うんち臭くなる可能性も

足の臭い,食生活,食べ物,原因

足の臭い以外にも体臭にも直結する腸内環境。乱れた食生活で悪玉菌が増えると腸の動きが悪くなり便秘になります。すると、溜まった便をエサに悪玉菌が増えて、悪玉菌の増加→便秘→悪玉菌の増加と悪いサイクルに陥ります。

そして、悪玉菌は肉類などに含まれるタンパク質や脂質を腐敗させると…。

便秘で発生する有害物質
  • アンモニア
  • インドール
  • スカトール
  • フェノール
  • アミン

このような有害物質ができ腸内がアルカリ性になります。これが血液に乗って汗と一緒にカラダの外に出るとうんち臭くなるんです!

女性にとってはこの毒素たちの影響で足の臭い以外にもニキビや肌荒れがおこるので、腸内環境の悪化はまさにおブスの諸悪の根源なのです。

こうした内側からくるニオイは無臭を纏うサプリメントを活用して解決する人も増えています。

足の臭いを改善させる栄養素と具体的な食べ物まとめ

足の臭い 食生活

ビタミンA

足の臭い,食生活,食べ物,原因

ビタミンAは皮膚、粘膜の潤いを維持するために必要で新陳代謝を活発にします。カラダの組織の細胞が入れ替わり助けてくれる栄養です。

皮膚のターンオーバーを正常に保ち、胃腸などの組織が活発に動く状態を助けてくれるため、足の臭いや体臭面を考えても必要な成分です。

ビタミンAが多く含まれる食べ物
  • レバー
  • アンコウの肝
  • うなぎ
  • あゆ
  • のり
  • 緑茶
  • アナゴ
  • イワシ
  • サバ
  • 緑黄食野菜

ビタミンB

足の臭い,食生活,食べ物,原因

ビタミンBも新陳代謝を活発にする作用があり、肌の乾燥から起きる炎症を抑えてくれる効果があります。

ビタミンBが多く含まれる食べ物
  • 豚肉
  • レバー
  • 大豆
  • 納豆

ビタミンC

足の臭い,食生活,食べ物,原因

ビタミンCは抗酸化作用があり、酸化を防いで体臭の予防が期待できます。

ビタミンCが多く含まれる食べ物
  • レモンなどのフルーツ
  • 野菜
  • パプリカ

ビタミンE

足の臭い,食生活,食べ物,原因

ビタミンEはエイジングケアのビタミンとしても知られています。血行を促進し、肌の新陳代謝を促進し、さらに抗酸化作用がありニオイの原因となる過酸化脂質を分解します。

リンパの流れをよくするので足の臭いのケアや体臭のケアに効果が期待できる栄養素です。

ビタミンEが多く含まれる食べ物
  • アボカド
  • ナッツ類
  • 大豆
  • アーモンド
  • ゴマ

クエン酸

足の臭い,食生活,食べ物,原因

クエン酸はリンパの流れを促進してくれる効果や抗酸化作用が期待できます。またビタミンBやミネラルの吸収を促進してくれる効果があります。

また、レモン汁やクエン酸を使って足の臭い対策する方法もあります。

クエン酸が多く含まれる食べ物
  • レモン
  • ライム
  • キウイ
  • みかん
  • グレープフルーツ
  • いちご
  • パイナップル
  • 黒酢

フコイダン

足の臭い,食生活,食べ物,原因

フコイダンには足の臭いの原因になるアンモニアなどのニオイ成分を包み込んで排出させる働きがあります。

めかぶの足の臭い対策が詳しく知りたい方は『足の臭いをめかぶで解決!5つの効果と食べる量や期間まで徹底解説』もご覧下さい。

フコイダンが多く含まれる食べ物
  • めかぶ
  • 昆布
  • もずく

カリウム

足の臭い,食生活,食べ物,原因

カリウムはミネラルの1つで塩分を調節しリンパの流れに働きかけるので、塩分の取り過ぎでむくみに悩まされている人にもおすすめの栄養素です。

カリウムが多く含まれる食べ物
  • 納豆
  • アボガド
  • パセリ
  • ほうれん草
  • こんぶ
  • わかめ

ポリフェノール

足の臭い,食生活,食べ物,原因

ポリフェノールはほとんどの植物にあり、光合成を行うときにできる色素や苦味成分のこと。酸化を防ぎ抗酸化作用もあるので体臭予防の観点でみると効果的です。また、抗菌作用も持ち合わせています。

ポリフェノールが多く含まれる食べ物
  • ブルーベリー
  • すもも
  • いちご
  • ぶどう
  • 緑茶
  • 紅茶
  • 大豆

β-カロテン

足の臭い,食生活,食べ物,原因

緑黄色野菜に含まれている赤色色素であるβ-カロテンは強い抗酸化作用があり、体臭予防の観点から見て効果的です。

β-カロテンが多く含まれる食べ物
  • しそ
  • モロヘイヤ
  • 人参
  • パセリ
  • バジル
  • ほうれん草
  • あしたば
  • しゅんぎく
  • のり

乳酸菌・食物繊維

足の臭い,食生活,食べ物,原因

食物繊維や乳酸菌は腸内環境を整え善玉菌を優勢にしてくれます。食物繊維には水溶性と不溶性があり、それぞれバランスよく摂取するのが大切です。

水溶性:不溶性=1:2で取るようにしましょう。

足の臭いがヨーグルトで解決するケースとは?意外な関係が明らかに!』では腸内環境と足の臭いの関係についてもお伝えしています。

乳酸菌が多く含まれる食べ物
  • ヨーグルト
  • キムチ
  • ピクルス
  • ワイン
  • 甘酒
  • まっこり
  • 納豆
  • つけもの
水溶性食物繊維が多く含まれる食べ物
  • りんご
  • バナナ
  • しいたけ
  • えのき
  • わかめ
  • こんぶ
不溶性食物繊維が多く含まれる食べ物
  • 大豆
  • インゲン
  • ブロッコリー
  • ごぼう
  • さつまいも
  • さといも

足の臭いを無臭にするために気をつけたい食べ方や食習慣

足の臭い 食生活 食事

よく噛む

よく噛むことは食べ物を分解しやすくします。これは唾液に含まれるアミラーゼという消化酵素の影響や食べ物自体がきちんと咀嚼(そしゃく)され小さくなるからです。

分解された状態で食べ物が胃に向かうことで内臓への負担が少なくなり、栄養が吸収されやすくなります。

ゆっくり食べる

ゆっくりと食べると噛む回数が自然と増えるので、よく噛むことにつながります。

食べ過ぎない

食べ過ぎは単純に胃腸に負担をかけます。また、食べ物が消化しきれないと腐敗して体臭を引き起こす要因になってしまいます!

『負担がかかる→消化しきれなくなる→負担がかかる』といった悪いサイクルに入ってしまうかもしれませんので注意しましょう。

飲みすぎない

お酒を飲みすぎると肝臓の機能が低下して分解できなかったアンモニアが臭いとなって現れます。特に疲れていると内臓機能も下がりがち。肝臓が疲れているときに飲み過ぎると体臭の原因になります。

間食はやめる

間食は胃腸を疲れさせる原因になります。疲れて消化機能が落ちると消化しきれずに食べ物が腐敗する原因になりかねませんので、たくさん間食するのはやめるようにしましょう。

まとめ

足の臭い 食生活 食事

足の臭いと食べ物や食べ方には密接な関係があります。

偏った食生活は内臓を疲労させたり、めぐりを悪くして足の臭いを発生させることになるので、バランスよくタンパク質やビタミンやミネラル、食物繊維などを取るように心がけましょう。

人によっては食べ物に含まれる特定の臭い成分を吸収しやすい体質の人もいますので注意が必要です。

足の臭い,女性