足の臭いへのレモン汁パワーがすごい!クエン酸×重曹を使った方法も紹介

足の臭い レモン汁 クエン酸 重曹

「足の臭いにレモン汁って効くの?」「クエン酸がいいって聞いたけど、どうやって使えばいいの?」と思っていませんか?

足の臭いにはレモン汁にも含まれているクエン酸が効果的ですが、「どんな風に使えばいいのかな?」と考えている人も多いはず!

そこで、レモン汁のクエン酸を使った足の臭い対策やクエン酸と重曹を使った対策方法などを紹介していきます。

レモン汁やクエン酸で足の臭い対策できるのか気になっている人は参考にしてみて下さい。

足の臭いにレモン汁が効果的な理由は主にクエン酸

足の臭い レモン汁

レモンはスーパーなどでも売っているので、足の臭い対策をするのにはすぐにできて効果的な方法の1つです。まずはレモン汁に含まれるクエン酸やレモン汁自体の性質についてお伝えしていきます。

クエン酸には殺菌効果がある

レモン汁に含まれているクエン酸は殺菌効果があります。足の臭いは汗で足が蒸れて雑菌が増えて皮脂や角質を分解してニオイ成分が発生するので、レモン汁を塗って雑菌を抑えることができればニオイを抑えることができるという仕組みです。

酸性の力でアルカリ性を中和する

レモン汁に含まれているクエン酸は酸性です。足の臭いは汗の質が下がって汗からアンモニアなどのニオイ成分が出てしまってクサくなることがあります。

アルカリ性のアンモニアをレモン汁の酸性によって中和することでニオイを抑えることができます。

リモネンでリラックス効果もある

レモンの香り成分にはリモネンという成分があります。リモネンを嗅ぐと脳内でα波が出ることがわかっていて、リラックス効果があるんです。

リラックス効果によってストレスを軽減できれば、代謝が上昇して肝臓の解毒作用がしっかり働き足の臭いをはじめとする体臭の軽減に繋がるでしょう。

また、リモネン自体にもからだのめぐりをよくしてくれる働きがあります。めぐりがよくなれば老廃物を溜め込みにくいカラダになります。

ピーリング効果もあり

レモン汁に含まれているクエン酸には実はピーリング効果もあって、皮脂や汚れを落とす力もあるんです。

足の臭いは雑菌が角質を分解すると発生してしまいますので、古くなった角質を溜め込まないのは大切なニオイケアの1つです。

ピーリングによって古い角質を落とすことでニオイの発生を予防してくれます。

レモンの足の臭いに対する効果まとめ
  1. クエン酸には殺菌力がある
  2. 酸性なのでアルカリ性を中和する
  3. リモネンのリラックス効果がある
  4. ピーリング効果もある

足の臭いに効果的なレモン汁の使い方

足の臭い レモン汁

足湯で消臭

レモン汁に含まれるクエン酸の効果を使って足湯でニオイを撃退する方法です。

40度くらいのお湯をくるぶしがつかるくらいまで桶にはって、そこにレモン半分ほどを絞っていて、10分ほど足をつけて、終わったら足の水気を拭き取っておしまいです。

靴に入れて消臭

レモン汁を染み込ませた布を靴の中に入れて1日おいておきます。レモン汁以外にもレモンの皮を除湿効果のある新聞に包んで入れるのも効果的です。

レモン汁で角質ケアのピーリング

レモン汁でピーリングする場合に用意するものがコチラです。

レモン汁のピーリングに必要なもの
  1. レモン・・・1/2個
  2. オリーブオイル・・・大さじ7杯
  3. 砂糖・・・大さじ9杯

砂糖とオリーブオイルを混ぜた後にレモン汁を加えて、混ぜ終わったら足の裏に塗っていきます。コットンなどを使ってパックにしてもいいでしょう。5分つけ終わったら洗い流しておしまいです。

ちなみに、オリーブオイルなどを使っているのはレモン汁だけでは刺激性が強めだからです。他の角質ケア方法も知りたい方は『足の臭いを角質除去で無臭化へ!角質ケアでベストな方法は?』もご覧になって下さい。

ミョウバン水にレモン汁を入れて使う

殺菌・制汗・消臭など幅広い効果を持つミョウバンにレモン汁を加える方法です。レモン汁を入れることで爽やかな香りをプラスするとともにクエン酸による殺菌効果をプラスできます。

ミョウバンを使った足の臭い対策は『足の臭いをミョウバン水で撃退!作り方や効果なしのケースも解説』で詳しく解説しています。

カラダの中から発生している足の臭いにはレモン汁を飲む方法も有効

足の臭い レモン汁

レモン汁は足に塗るだけではなく飲むことでカラダに様々なメリットがあります。

クエン酸にはミネラルの吸収を助けるキレート効果がある

クエン酸はミネラルを吸収しやすくするキレート効果があります。ミネラルは体外に老廃物を排出するデトックス効果をもたらしてくれるので、レモン汁を飲むのは有効なのです。

クエン酸は疲労物質・乳酸を排出してくれる

また、クエン酸には筋肉に溜まった乳酸を抑制する効果もあり、疲労回復に役立つだけでなく、血中から汗と一緒に出るニオイ成分の1つ・乳酸が出るのを抑えます。乳酸は一緒にアンモニアを運ぶ性質がありますので、汗臭さを増やす要因にもなります。

抗酸化力で酸化によるニオイ発生も撃退

他にも豊富なビタミンCやレモンポリフェノールの一種であるエリオシトリンが抗酸化力をもたらしてくれます。加齢臭に代表される酸化によってもたらされるニオイにもアプローチしてくれます。

レモン水は1日のスタートにも最適

レモン汁はそのままでは酸っぱいので、水にレモン汁を入れてレモン水として飲むのがおすすめです。

レモンには体内時計を調節する働きがあり、目覚めをよくしてくれるので、朝にぴったりの飲み物。1日のスタートにレモン水を取り入れてみましょう。

クエン酸は種類で値段の違いがある

足の臭い レモン汁 クエン酸

クエン酸を直接使って足の臭いの対策をする方法もあります。

ただ、クエン酸には値段の違いがあって、ドラッグスア>食品添加物用>工業用と3種類あるんです。

それぞれの違いはクエン酸の純度の高さの違いです。不純物が少ないドラックストアで売っているクエン酸が一番高く、純度が低い工業用が安くなっています。

足の臭い対策として使うのであれば、100円ショップで売っているものでも大丈夫ですが、心配な人は質の高いものを使うようにしましょう。

クエン酸水を作って飲む場合は食品添加物用やドラッグストアのものを使うようにした方がいいと言えます。

足の臭いに効果的なクエン酸の使い方

足の臭い クエン酸

クエン酸足湯で殺菌消臭

レモン汁のときと同じようにお湯をはって、その中にクエン酸を大さじ2杯ほど入れて10分ほど足湯をします。終わったら水気をタオルで拭き取ります。

クエン酸足湯とレモン汁足湯のコスパ比較

レモン汁と比べたコスパですが、ドラッグストアに売っているクエン酸は500gで1000円弱くらいです。大さじ1杯15g×2=30gなので、500gなら16回足湯ができます。

1000円÷16回=1回62.5円。

国産のレモンが120円で1回の足湯に1/2個使う場合60円と同じくらいです。もちろん食品添加物用や100円ショップのものであればクエン酸の方がコスパがよくなります。

クエン酸水

クエン酸水の材料はコチラです。

クエン酸水に必要なもの
  • ミネラルウォーター…500ml
  • クエン酸(食用)…4g

作り方はシンプルで混ぜるだけです。ミネラルウォーターが入っているペットボトルにクエン酸をそのまま入れてもいいでしょう。

注意点としてはクエン酸水は酸性の性質を持っているので、歯をゆすぐことは避けた方がいい点。エナメル質の歯を溶かしてしまう可能性があり注意が必要です。

心配な場合はストローを使うなどしてのみましょう。飲んだあとは弱酸性の性質になるため、心配はありません。

クエン酸の効果についてはレモン汁のところでもお伝えした通り、キレート作用やデトックス効果になります。

クエン酸ピーリング

レモンと同じようにクエン酸でピーリングすることも可能です。材料としてはクエン酸3g、精製水30mgを混ぜて足の裏に塗るだけで、5分ほどして水で流します。

刺激が強めなので、終わったあとは保湿をしっかりしましょう。

保湿は保湿効果のある足の臭い対策クリームを使うのがおすすめです。

クエン酸×重曹で足の臭いを撃退できるって本当なの?

question

重曹とクエン酸の違いや混ぜると危険という噂について

「重曹はアルカリ性で、クエン酸は酸性だから中和しちゃうんじゃないの?」と考える人も多いのではないでしょうか?

お掃除で使うときは重曹が油汚れや便器の汚れ、排水溝などが得意で、クエン酸が水垢などに効果的という違いがあります。

それぞれ得意分野が違うので住み分けができるのですが、混ぜるのは可能なのか気になっている人も多いと思います。

結論からお伝えすると混ぜて使うのは可能ですが、危険な場合もあります。

二酸化炭素の発生

危険なのには2つあって、1つ目は重曹とクエン酸を混ぜてできる二酸化炭素です。

二酸化炭素自体は濃度が薄ければ問題はありませんが、出た二酸化炭素を思いっきり吸ってしまうと気分が悪くなったりと危険が伴います。部屋の換気をしっかり行うのが大切です。

純度が低いと有毒ガスが発生する可能性も

また、工業用の重曹やクエン酸を使う場合はそれぞれ純度が低く他の物質が入っている可能性があります。

そのため、混ぜることによって有毒ガスが発生する可能性も否定できません。重曹とクエン酸を混ぜる場合は、純度が高いドラッグストアのものを使うようにしましょう。

また、重曹は関係ないですが、危険という点ではクエン酸は塩素系漂白剤と混ぜると有毒ガスが発生するので注意しましょう。

純度が高い重曹とクエン酸を2:1の黄金比で混ぜて炭酸足湯で汚れを落とそう

足の臭い クエン酸 重曹 足湯

重曹とクエン酸を混ぜると炭酸ガスが発生します。

炭酸ガスは先ほどお伝えした二酸化炭素のことなのですが、炭酸ガスには角質を柔らかくしてくれる効果があります。

  1. 汚れ
  2. 皮脂

この3つを落としてくれる作用もありますので、皮脂や角質が分解されて発生する足の臭いには効果的と言えるでしょう。

実は市販の入浴剤は炭酸とクエン酸からできているんです。そのため、入浴剤としても使うことができます。

炭酸によってめぐりがよくなりますので、足の汗からアンモニアが出てしまう可能性を下げることにもつながります。

重曹とクエン酸の足湯効果まとめ
  • 角質ケアができる
  • 汚れ・皮脂・垢を落とせる
  • めぐりがよくなりアンモニア臭を予防できる

この3つの効果があるので、足の臭い予防に役立つということですね。

まとめ

レモン汁やクエン酸は足の臭い対策に殺菌作用や中和作用など様々な面で有効に働くことがわかりました。

ただ、レモン汁やクエン酸は制汗効果がないため、足の臭いが防ぎきれない可能性もあります。

レモン汁やクエン酸で対策を行ったものの、効果を実感できなかった場合やもっと手軽に効果を実感したい場合は先ほどもピーリング後の保湿としても紹介した足の臭い対策クリームを使うのがおすすめです。

当サイトではデオシーククリームが人気No.1。足の臭いにお悩みの方はそちらもチェックしてみて下さい。

足の臭い,女性