足の臭いが風呂上がりでもヤバい!洗っても足が臭いのは洗い方のせいだった

足の臭い お風呂上がり

「洗ったはずなのに・・・なんですぐにクサくなるの!?」とショックを受けていませんか?お風呂で洗っても臭い人は相当クサいレベルです。

「普通に洗ったら落ちるはずなんじゃないの?」と思うかもしれませんが、臭い菌は落ちにく性質があります。

「私そんなにヤバいの・・・」と思っている方も、洗い方のコツをおさえてイソ吉草酸に有効な成分が入っているアイテムを使えば対策は簡単です!

周りの人から「コイツ、マジで足クサいわ・・・」と思われないためにも今すぐできる対策からはじめていきましょう。

お風呂上に入っても足が臭いのはイソ吉草酸が落ちてないから

注意点,驚き

お風呂上がりなのに足の臭いがすぐにクサくなってしまうのはイソ吉草酸(いそきっそうさん)が原因です。

イソ吉草酸は汗をかいて蒸れて雑菌が増殖した足で皮脂や角質が分解されることで発生する納豆のような足の臭いの原因菌。

落ちにくいイソ吉草酸ですが、どうすれば落とすことができるのでしょうか?まずは足の臭いをとるために気をつけたい洗い方をご紹介していきます。

洗っても足が臭い人必見!お風呂あがりに足の臭いを発生させない洗い方やケアのしかたまとめ

入浴剤を入れる前に洗う

足の臭い,風呂上がり,洗っても足が臭い

これはかなり重要なポイント。石鹸はミネラルと混ざると洗浄力を失う構造になっています。温泉で石鹸が泡立たないのは、実はミネラルが豊富なためです。

入浴剤の中にはミネラルが豊富なものも多くあります。普段のお風呂で温泉気分と思い入浴剤を入れいる場合、無意識のうちに石鹸の洗浄力をなくす落とし穴にハマっているかもしれません。

まずは足をお湯に浸す

足の臭い,風呂上がり,洗っても足が臭い

足をお湯に浸すのは汚れを浮かして、角質を柔らかくできるからです。足をお湯に浸している間に頭を洗うと効率よく体を洗えますので、待っている時間を活用しましょう。

足の臭いがすごく気になる人は重曹で足湯をすると効果的です。重曹はアルカリ性なので、弱酸性のイソ吉草酸を中和できます。

固形石鹸を使って泡で『優しく』洗う

足の臭い,石鹸,ランキング

「それって普通じゃない?」と感じるかもしれませんが、見逃しがちなポイントです。

固形石鹸はボディーソープに比べて洗い残しで足がクサくなるリスクを下げれたり、少しだけ洗浄力が上です(ボディーソープがダメというわけではありません)。

ちなみに、泡には洗浄力があるのでゴシゴシと皮膚を擦る必要はありません。ゴシゴシ擦ると免疫力が落ち雑菌が繁殖しやすくなり、かえって足がクサくなるので注意が必要です。

市販の石鹸より消臭殺菌効果のある石鹸を使いましょう。

爪の間はブラシを使って丁寧に

足の臭い,風呂上がり,洗っても足が臭い

足の臭いが発生しやすい場所の1つに爪の間があります。ネイルをしていると特に汚れを見落としがちなので注意が必要です。足の爪用のブラシは100均でも売っていますし、ネットでも購入できますので、入手しておきましょう。

臭いが発生しやすい指の間を優しくケア

足の臭い,風呂上がり,洗っても足が臭い

爪の間以外にも足の臭いが発生しやすいのが指の間。指の間は靴下やストッキングが直接触れてないので蒸れやすいところ。

さらに、比較的皮脂や角質が出やすいので注意が必要です(足の裏に皮脂腺はないですが、指の間や甲にはあります)。泡の洗浄力で優しくケアしましょう。

かかとを中心に角質を週に1度はケアする

足の臭い,風呂上がり,洗っても足が臭い

古い角質は雑菌に栄養を与え繁殖を促し足の臭いを強化します。約60%の女性は角質が足の臭いに繋がる事実を知らないことがわかっていますが、実はかかとを中心に足の裏の角質ケアを行うのはかなり重要です。

角質のケアは軽石でケアするのがコスパはいいですが、電動リムーバーもあり角質ケアの時短ができますので、コスパ重視か時短重視かにで選びましょう。

洗い残しを出さないようにお湯で流す

足の臭い,風呂上がり,洗っても足が臭い

角質を軽石でお風呂場で処理した際は古い角質を残さないように特にしっかりとお湯で足を流しましょう。

もちろん石鹸についても同様です。泡の洗い残しがあるとお風呂から出たあとにそれが、雑菌の栄養分になり繁殖をまねく可能性があります。

洗い終わったら水気を残さず拭き取る

足の臭い,風呂上がり,洗っても足が臭い

洗い終わったらタオルやマットで足の水気を拭き取ります。湿気がある状態は雑菌の繁殖を招くので、いつまでも水気のある状態にしておくのはNGです。

市販の石鹸の落とし穴!足の臭いが洗っても落ちないのは石鹸が原因かもしれないワケ

足の臭い,風呂上がり,洗っても足が臭い

「書いてることなんか、既に試したわ!(怒)」と感じている方もいるかもしれませんが、使っている石鹸はどうでしょうか?

石鹸には洗浄力があることはお伝えしましたが、市販の石鹸は除菌力(菌を流す力)はあっても、殺菌力はありません。

イソ吉草酸が多すぎる場合、普通の石鹸では洗浄力が弱く十分にイソ吉草酸を流せていない可能性があります。

そこで使いたいのが殺菌力のある石鹸です。洗浄力と殺菌力でニオイの原因菌・イソ吉草酸を生み出す菌をなくし、足の臭いを極限まで減らせます。

おすすめは当サイト紹介の石鹸の中で1番人気のアニセ薬用石鹸。医薬部外品で殺菌力はもちろん第三者機関で効果が証明済みで、さらには角質や皮脂の汚れまでも除去してくれるので、普通の石鹸とは一味違います。

アニセ薬用石鹸の公式サイトはこちら

足の臭い対策石鹸ランキングを見る

いくら対策してもお風呂上がりに足の臭いがするのであればクリームも合わせて使うべき

足の臭い,風呂上がり,洗っても足が臭い

石鹸以外にお風呂上がりにできる足の臭い対策としてクリームがあります。クリームは殺菌・制汗・保湿の成分が含まれているものがおすすめです。

雑菌を増やさずに足の角質を保湿することで、乾いた角質がパラパラと靴の中に落ちて日中に足の臭いを発生させにくい状態を作ることが可能です。

  • お風呂後にストレスを感じたくない
  • 足の臭いを気にする生活を終わりにしたい
  • 日中仕事に集中できないでイライラする
  • 他人の目線が気になって怖い
  • 悩みから解放されて自信を持ちたい
  • お座敷の飲み会でも大丈夫になりたい
  • 足のせいでチャンスを逃したくない

このように感じたことがあるのであれば、足の臭い対策クリームも一度使ってみるのがおすすめです。

あなたの人生を蝕む足の臭いとおさらばしましょう。

クリームはたくさん種類があってそれぞれ特徴が違うので、足臭女子を脱して楽しい毎日を過ごしたい人だけ、足の臭い対策クリームランキングを参考にしみて下さい。

また、ランキングはいいから1番おすすめのクリームを詳しく知りたい方は『デオシークの口コミ1位は本当?』をご覧になってみて下さい。

まとめ

お風呂上がりでも足の臭いがするのはイソ吉草酸が落ちにくいため、完全に落としきれていないのが原因です。

正しい足の洗い方を理解するのと同時に効果のある石鹸、クリームなどのケアアイテムを使い、角質のケアを行ってクサい足の臭いを撲滅しましょう。

少しでも足の臭いのヒントになりましたら幸いです。

足の臭い,女性