足の臭いは多汗症が原因かも!汗対策や汗が多くなる理由

足の臭い 多汗症 汗対策

「足が臭いのは絶対多汗症のせい・・・」と悩んでいませんか?

 

足が臭くなる条件の1つは汗をかくことなので、多汗症と足の臭いに因果関係があるのは間違いありません。

足の臭いが心配になると「もしかして私、クサい?」と心配になって余計に汗をかいてしまったり周りの目が気になったりしますよね・・・。

 

この記事では多汗症はどういったものなのか、どうすれば多汗症を抑えて足の臭いを改善できるのかをお伝えします。

 

多汗症?足の汗がたくさん出る理由とは

自分のことを多汗症と疑っている人は、なぜ多汗症になのかと気になっているのではないでしょうか?

 

足の裏のみなどにおこる多汗症は大きく分けると原因のわからない原発性と外傷や腫瘍などの神経障害によるものがあります。

原因がわからないとされているものの遺伝などの可能性が示唆(しさ)されているものもありますので、考えられる可能性をお伝えしていきます。

 

遺伝的な要素の可能性

足の多汗症である足蹠多汗症(そくせきたかんしょう)の原因は「遺伝のせい?」と考えている人もいるのではないでしょうか?

日本皮膚科学会の発表では、遺伝する可能性があると見られているものの、原因遺伝子は特定されていません。

 

海外の調査では多汗症の患者の60〜65%に家族内で同じような症状の人がいるとわかっており、染色体レベルでの遺伝が疑われています。

また、日本でも重症の多汗症患者の家族内発症がみられる家系での遺伝子分析では原因遺伝子の存在があるのではないかとされています。

 

精神的な要素

汗をかくのは3つの要素があって、温度によるものと味覚によって起こるものと、精神的な要素によるものです。

足の裏は特に精神的な要素によってかく汗の割合が高いため、仕事などでの極度の緊張や汗をかくことを心配しての発汗が多くなります。

 

心配症の人、汗や臭いを気にしてしまう心優しい人は精神的な要素によって多く発汗してしまい汗が多くなってしまうのです。

 

自律神経の影響

汗をコントロールしているのは自律神経です。

自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、副交感神経は関与しておらず、自律神経によって汗の量が調節されています。

いわばアクセルをどれだけ踏むのかという調節しかできないということです。

 

日中、10時〜18時からの発汗が多いですが、睡眠中は汗は出ません。それは睡眠中は副交感神経が優位になっているからです。

強度のストレスなどで自律神経が乱れるとそれによって汗がたくさん出てしまう可能性があります。

 

足の臭いに直結する足蹠多汗症の判定方法は?

多汗症で気になるのがどこからどこまでなのかということではないでしょうか?

 

多汗症の判定については自覚症状で4段階の指標があります。

  1. まったく気付かない、邪魔にならない。
  2. 我慢できる、たまに邪魔になる。
  3. どうにか耐えられる、しばしば邪魔になる。
  4. 耐えがたい、いつも邪魔になる。

3,4番が重症という指標になっています。

それ以外にも、発汗量で測定する方法もあります。

 

足蹠多汗症だった場合の対策

足蹠多汗症の疑いがある場合はまずは皮膚科の専門医にかかるようにしましょう。

治療法はガイドラインとして確立されているため、それぞれ簡単にご紹介します。

 

塩化アルミニウム

多汗症の治療で処方されるのが塩化アルミニウム水溶液。汗腺を塞ぐことで一時的に制汗することができます。

使いすぎて皮膚に負担を与えないように用法・容量を守りましょう。副作用には刺激性の皮膚炎があります。

 

効果がでるまでには2〜3週間かかるため継続して使用することが大切です。

汗が多い人は塩化アルミニウム溶液を使った後にサランラップなどで覆い密封することで効果をあげることができます。

 

イオントフォレーシス

電流を流した水に足を30分ほどつけることで汗腺を小さくして汗を抑える治療です。

電流と聞くと怖いイメージがあるかもしれませんが、弱い電流を使うので大丈夫です。

 

8〜12回の通院が必要で週1,2回のサイクルで通院します。健康保険適用の治療なので、コスト面も比較的安くすみます。

 

ボトックス注射

ボトックス注射といえば、ワキガが有名かもしれませんが、足蹠多汗症の場合にも選択肢となる場合があります。

汗腺を刺激する神経伝達物質である『アセチルコリン』の分泌を抑えるA型ボツリヌス毒素を注射します。

 

効果は1週間程度であらわれるとされていて、持続するのは約6ヶ月です。

保険の対象にならない治療であるため、他の治療法に比べると数万円以上と高くなります。

 

足蹠多汗症でないと診断されたものの気になる場合

中には足蹠多汗症ではないと診断されたものの、足の臭いが気になるという人もいると思います。

私自身中学生のときに同じような経験があるので、とてもわかるのですが「いや、そんなはずはない!だって周りの人がニオっているような反応をしてるんだから!!」と思っているのではないでしょうか?

 

もしそうであった場合、一度カウンセリングを受けてみるのがおすすめです。

自分がニオってないとだんだんと思えてくるようになります。私の場合はかなりカウンセリングで改善して登校拒否をしていた学校にもいけるようになりました。

 

それ以外にも病院での治療以外にできることもあります。

心配になると精神的な発汗によって足の汗の量が増えてしまったり、自律神経が乱れて発汗が増えます。

「これだけやったんだから大丈夫」と思えるように様々な方法を試してみると安心感がでるのでおすすめです。

 

病院での治療以外に多汗症での足の臭い対策でできること

病院での治療では主に足に塗る塩化ナトリウムをもらうことになりますが、それ以外にもできることがありますので、それぞれ紹介していきます。

 

汗への対策

汗は量の問題以外にも質の問題があるのはご存知でしょうか?

汗をかく力が弱いと臭いやすい汗になってしまうんです。

運動をしたり、シャワーでなくお風呂に入って汗をかくことで臭いにくい汗をかく力を高めましょう。

運動といっても激しい運動ではなくウォーキングなどで大丈夫です。

 

靴下への対策

靴下やストッキングのものは5本指のものを履いたり消臭繊維のものを使うようにしましょう。

また、衣類用の消臭スプレーも登場していますので、活用していきましょう。

 

足の臭いは汗が発生すること以外にも蒸れて雑菌が繁殖してしまうことが原因です。

蒸れを抑えられる5本指のものや雑菌の繁殖を抑えてくれる消臭タイプのものをつけることで実際の効果以外にも安心感によって精神的な発汗を防いでくれます。

 

▶︎防臭靴下ランキング! 足の臭いの原因は素材や洗濯? ストッキング対策も合わせて徹底解説

 

靴への対策

足の臭いは靴も関係しています。

靴は合皮のものより本革のものの方が通気性がありますので、少々高いと感じるかもしれませんが、質のいいものを使いましょう。

また、消臭タイプの靴も売っていますので、そちらを利用するのも1つの方法です。

 

それ以外にも、中敷にも消臭効果があったり通気性が重視されているものもありますので、中敷を入れ替えてみましょう。

靴の中に消臭パウダーやスプレーを使ったり、毎日靴を履かないで2,3日あけて陰干ししてローテーションすることで、菌の繁殖を抑えるのも効果的です。

 

▶︎足の臭い対策スプレー最強の組み合わせはコチラ! 足,靴,靴下を無臭に!

 

角質への対策

汗自体や蒸れに対する対策だけではなく、雑菌の餌になる角質への対策も可能です。

今では軽石以外にもピーリング剤など様々な方法が登場していますので、徹底的にやりたい人は角質への対策も導入していきましょう。

 

▶︎足の臭いを角質除去で無臭化へ!角質ケアでベストな方法は?

 

まとめ

足の臭いの原因の1つになる汗。多汗症の場合はそれが原因になっているのは間違いありません。

心配な場合はまずは病院にかかりましょう。

診察してもらうことで、多汗症なのかそうでないのかわかることが安心感に繋がる第1歩です。

 

足の汗は精神的発汗の要素が大きいので、あまり気にし過ぎずにリラックスするのが大切です。

心配な人は「大丈夫」と思えるようにしっかりと対策することで精神的な発汗を防いでいきましょう。

足の臭い,女性