足の臭いはどこからどこまで届くのかをイメージできるように解説

足の臭い どこから どこまで

「足の臭いってどこからどこまでニオっているの?」と考えたことはありませんか?

実は足の臭いがクサい人はくさやに近い強さのニオイを発していることがあります。そのため、あなたが思っているよりずっーとニオっている可能性があるんです!

この記事ではニオイを数値化して足のニオイがどのくらいクサいのかをお伝えしていきます。

足の臭いはどこからどこまでニオっているのか?

クサい食べ物から臭いのレベルをイメージしてみよう

question

足の臭いを食品と比べるとどこまでニオっているのかイメージしやすくなります。

食品をアラバスターという周期測定値で図って数値化した検査では、Auという臭いの単位で様々な食べ物の臭いレベルが明らかにされています。

例えば多くの人がご存知のシュールストレミングは8070Auです。ニシンの塩漬けを缶詰にしたシュールストレミングですが、発酵が缶詰の中でどんどん続いてガスが溜まって膨らんでいくという特徴があります。

缶切りを刺すと溜まった発行液やガスが一気に吹き出して周囲に激臭がもたらされることからニオイ爆弾とも言える代物です・・・。さすが世界で一番クサいとされている食べ物だけあります・・・。

 

続いては韓国のホンオフェです。世界で二番目にクサいと言われているホンオフェは6230Auです。エイをツボの中で発酵させた食べ物なのですが、ニオイが発生するメカニズムはシュールストレミングと同じです。

日本ではおなじみのくさやは1267Au。鮒寿司は486Auであることがわかっています。くさやでさえも家に入ったらクサさがわかるレベルです。

 

足の臭いレベルはどのくらい?どこからどこまで届くのか

Q&A

足の臭いレベルですが、1日中運動した後の靴下がおおよそ400Auであることがわかっています。少なくとも鮒寿司くらいにはクサいということです。

ただ、足の臭いレベルには個人個人で強弱があり、足が本当にクサい人はくさやレベルのニオイがすることがわかっています。

つまり、家に入った瞬間クサいとわかるレベルです。

どこからどこまでという表現をすると家の中にいても家の玄関でわかるレベルということですね。

足の臭い、恐るべし・・・。

足の臭いが気になる方は『足の臭いは自分でわからない!周りの反応が怖いならセルフチェックを』を活用してみて下さい。

足の臭いが人に認識されるのはニオイ物質が積み重なるから

悩み

足の臭い以外のニオイでもそうですが、ニオイには閾値(いきちorしきいち)と呼ばれるものがあります。

これはニオイがクサいと認識されるボーダーラインのことで、閾値を超えると「クサい」と認識されるということです。

足の臭いがクサい人は足、靴下、靴とそれぞれにニオイ物質を持っているので、クサいと認識されやすいんです。

例えば、閾値が10だとして、足が8、靴下が0、靴が0ならニオってませんが、足が8、靴下も8、靴も8なら圧倒的にクサいわけです。

そのため、大切なのは足の対策だけではなくて、靴や靴下の対策をすることなんですね。

まとめ

足の臭いはくさや級にクサくなることもあり、家の中から玄関まで届くレベルになる可能性があります。

靴を履いていれば足の中は密閉されているため、ニオイをある程度は抑えてくれますが、限度があるんです。

なので、限界点を突破して職場や外出先で足の臭いが充満して公害レベルの被害を出さないように、日頃から対策するのが大切と言えるでしょう。

ニオイは足から出る汗が大元の原因ですので、お悩みの人はまず足の臭いを効率的に予防できるクリームを試してみて下さい。

一番効果があるものが知りたい方は当サイト人気No.1のデオシークも試してみて下さい。

足の臭い,女性