足の臭いがチーズや銀杏みたいな本当の理由は酪酸の可能性大

足の臭い チーズ 銀杏

「足の臭いがチーズや銀杏みたいなのってなんで?」と思ったことはありませんか?

 

足の臭い=納豆みたいというイメージがあると思いますが、それは代表的な足の臭い成分・イソ吉草酸(いそきっそうさん)のニオイです。

しかし、足の臭いというのはそれだけはなく正確に言うなら他にも酢酸(さくさん)や酪酸(らくさん)など様々なニオイ成分が混じっています。

 

この記事では足の臭いがチーズや銀杏のようになってしまうケースについてお伝えしていきます。

 

足の臭いがチーズや銀杏なのは酪酸が原因の可能性が高い理由

チーズや銀杏には共通して酪酸が含まれている

腐ったバターのニオイとも言われる酪酸ですが、チーズや銀杏にも含まれている物質であることがわかっています。

チーズや銀杏のような匂いと感じるのであれば、酪酸が多く含まれてる場合が高いと言えるでしょう。

ただ、それ以外にも考えられる成分があるので簡単にお伝えしていきます。

 

チーズの匂い成分はどんなものがあるのか?

チーズには酪酸以外にもジアセチルという物質が含まれています。もわっとした古い油のようなニオイです。

それ以外にもカプロン酸という物質があります。カプロン酸はバターのニオイ成分として知られていて、濃いとヤギのようなニオイになります。

チーズ臭い原因はカプロン酸やジアセチルが原因の1つになっている場合もあるのです。

 

銀杏の匂い成分はどんなものがあるのか?

銀杏は酪酸以外にもエナント酸という匂い成分があります。エナント酸の臭いは腐った油の臭い成分の一部です。

国際的なルールではヘプタン酸と呼ばれているのですが、エナント酸=ヘプタン酸です。

銀杏や油臭い場合はエナント酸が原因の1つになっている場合もあると言えるでしょう。

 

酪酸は靴下の繊維の中で増殖することが判明

2016年の3月にイギリスのノーザンブリア大学が発表した悪臭菌に関する調査では、ニオイの原因は汗そのものや雑菌ではなく、雑菌が皮脂を食べて悪臭を発生させていることがわかっています。

 

もちろん、汗自体は質が落ちることでニオイ成分が汗と一緒に出てニオイとなることもあります。

なので、真の足の臭いの原因を特定したというわけではなく、足が臭くなる1つのパターンが発見されたということです。

 

内容を簡単にいうと雑菌がフンとして出した物質が臭いものであるということです。

 

靴下には酪酸だけでなく様々なニオイ成分が含まれている

靴下で繁殖していることがわかった酪酸ですが、先ほどのイギリスの研究ではそれ以外にもコチラのようなニオイ物質があることがわかっています。

  • 二硫化メチル・・・腐った玉ねぎのニオイ
  • 三硫化メチル・・・腐った肉のニオイ

 

ここまでを簡単にまとめると、チーズや銀杏の臭いがするのは共通する臭い成分である酪酸が含まれていて、酪酸は靴下で発生しているということです。

気になるのは、なぜ酪酸の臭いが強くなってしまうのかですよね。

続いて酪酸の臭いが強くなる原因をお伝えしていきます。

 

なぜ酪酸の臭いが強くなるの?

食生活による影響で汗や皮脂に酪酸が多く含まれている可能性

酪酸の臭いが強く出るのは食生活による可能性が高いと言えるでしょう。

足の臭いより体臭の方が食べたものの臭いの影響を強く受けますが、足の臭いに関しても影響を受ける可能性があります。

 

乳製品など酪酸系の物質が含まれているものをたくさん食べると尿や便から排出されずに血液に乗ってカラダに出ることがあります。

汗は血が元になって出来ているものなので、血の中にニオイ物質があればそれが汗と一緒に出る可能性があるということです。

 

たくさん出た汗が皮脂と混じって雑菌に分解されると『フン』として酪酸などが発生するということになります。

皮脂には元から酪酸が含まれているため、汗に含まれている量が多ければニオイがより強くなる可能性があるんです。

 

イギリスの研究結果の臭い物質に酪酸があったのは食生活の影響かもしれないという話

イギリスの伝統料理といえばオーツ麦を牛乳で煮込んだ料理であるポリッジ。

牛乳は乳製品であり、習慣的に食べているのであれば、酪酸系の物質が血中に含まれることになり原因になる可能性があります。

また、イギリスでは日本に比べてヨーグルトなどの乳製品の種類が豊富であるため、それが研究結果に影響を与えている可能性がもしかしたらあるかもしれません。

 

▶︎足の臭いを食生活(食事)でゼロへ! NGな食生活から食べ方まで徹底解説

 

酪酸は洗っても落ちにくい!対策はどうする?

洗剤を使って洗っても常温の水の場合悪臭を放つ化学物質は68%も最大で残ってしまう可能性があることがわかっています。

悪臭の原因を除去するためには50度以上のお湯を使うことで99%除去することができるとわかっているので、高温に弱いことがわかります。

ただ洗濯ものによっては50度のお湯を使うことができないため、繊維の確認などの注意が必要です。

 

靴下の対策は必須!アルカリ性の重曹で中和をして対策を

お湯を使って熱で酪酸を除去しようとしてもできない場合は、重曹などのアルカリ性の物質を使う方法があります。

足の臭いの原因になる酪酸などの低級脂肪酸は弱酸性ですので、アルカリ性の重曹を使うことによって中和してニオイを消すことができるのです。

靴下の場合は薄めた重曹につけておき、足の場合でも重曹足湯をすることで除去することができますので、実践してみて下さい。

 

まとめ

足の臭いがチーズや銀杏のようになるのは酪酸の影響が大きいことがわかりましたね。

酪酸は足の臭いにも混ざっている物質ですが、酪酸の臭いが強くなるのには食生活の影響が大きいと考えられます。

 

発生を防ぐために、食生活を改善するのと合わせて、足や靴下、靴のケアを総合的に行って足の臭いを撃退しましょう。

足の臭いケアを始めるのであれば、クリームが手軽で消臭・制汗・殺菌など対策できる範囲が広いのでおすすめです。

足の臭い,女性