CATEGORY:足の臭いと状況別対策

足の臭いの状況別対策!一瞬で無臭になる即効性のある緊急対策方法からお家での対策まで

「足の臭いがヤバい!一瞬で無臭になれる即効性のある対策ってないの?」と考えていませんか?

 

急な飲み会や合コンでしかも掘りごたつだったり、座敷だったときの絶望感たるや・・・。

そんなシチュエーションに出会って呪いたくなるくらいの憎悪が込み上げているのではないでしょうか?

 

この記事では急な飲み会や外出先などのシーン別の対策を簡単にまとめています。

 

「ヤバい!どうしよう!」

 

そんなときの対策に役立てば幸いです。

 

足の臭いの状況別対策

足の臭いは汗と混じった角質や皮脂を雑菌が分解することで臭いの成分が発生します。

  • 汗対策
  • 皮脂対策
  • 角質対策
  • 雑菌対策

この4つが大切です。

緊急時の場合は手持ちのアイテムでどこまで対策できるかになります。

 

急な飲み会や合コン

急な飲み会は足の臭いと戦う足臭女子にとっては宿敵とも言える相手。

 

事前にできる対策としては通気性のいい靴やストッキングを選ぶこと。

それ以外にもストッキングを履く前に足専用の消臭クリームを塗ったり、消臭スプレーを飲み会の前に塗ることです。

できれば、汗を吸い込んでいるストッキングを変えられるように予備のものを常備しておきたいところ。

 

何にもない場合は、トイレに駆け込んで足を拭くのが応急手当。あれば制汗のウェットティッシュを使いましょう。

なければトイレットペーパーを水に濡らして拭いて、その後、乾いたトイレットペーパーで水気を拭きましょう。

 

もしかしたらある日、突然運命の相手と出会うことがあるかもしれません。

そんなときのために、足の臭いが気になっているのであれば、携帯用のケアアイテムを常備して置くのがおすすめです。

 

▶︎足の臭いが…急な飲み会で大惨事を回避するためのテクニック!

 

外出先

新幹線に乗ったり、車でクライアント先に行ったりと仕事だけでなく、プライベートでも多い外出。

外出してしまったものの、実は足の臭いがヤバいことに気づいた!なんて人もいるのではないでしょうか?

 

緊急時でなければ基本的な対策は飲み会と同じです。

トイレに入って、靴と靴下orストッキングを脱いで除菌シートで足を綺麗に拭きましょう。

続いて消臭スプレーで臭いを消します。そして、ストッキングや靴下を履き替えましょう。

 

▶︎足の臭いが外出先で発生!ヤバい状況を回避するには?

 

オフィス

オフィスで臭ってしまったらたまったものではありません。

しかし、仕事への緊張感などから足の汗をかきやすい条件が揃っているのがオフィス。

陰口で「◯◯さんの臭いマジでクサくない?」と言われる前に対策をしておきたいところ。

 

オフィスでおすすめなのが、靴に対する対策です。

通勤用と仕事用で靴を分けるようにすることで、臭い成分が染み付いた靴を履いてしまいニオってしまうのを避けることができます。

 

靴は2、3日風通しのいいところで陰干しすることで臭い成分を除去できるので、通勤用と仕事用の靴を何足か分けて用意しましょう。

休ませておくときには消臭スプレーを使ったり、簡単なものなら新聞紙を丸めて入れて置くと湿気をとってくれ、雑菌の繁殖効果があるのでおすすめです。

 

▶︎足の臭いがオフィスに充満!職場でボッチになる前に対策を!

 

風呂上がり

お風呂上がりでもニオってしまう・・・。

それは臭いの原因になっている主な成分であるイソ吉草酸(いそきっそうさん)が落ちにくい性質であるからです。

また、足の爪の間の垢が落ちてないためニオってしまうケースもあります。

 

そのため、足の臭いの対策クリームなどの殺菌効果を持ったものと合わせて、足のケアで見落としているところがないか確認しましょう。

 

▶︎足の臭いが風呂上がりでもクサい! 正しい足の洗い方を伝授

 

サッカーなどの運動後

部活などの運動後に臭うのは単純に汗をかくからです。

汗をたくさんかくとそれによってスパイクが蒸れる状態になって雑菌が繁殖しやすい状態になります。

特にスパイクは毎日履くことが多いと思いますので、足から発生して靴下にうつった雑菌が靴にうつることでクサいスパイクになってしまいます。

 

靴に対する対策とともに、足に対する対策も行っていきましょう。

 

▶︎足の臭いサッカーや野球部の子供の親御さん必見の臭い対策

 

足の臭いと季節別対策

夏の足の臭いを消す方法

夏は気温が高く汗をかく要因の1つは熱によるものです。

暑い=汗をかくというのは自然なことですが、たくさん汗をかくということはそれだけ、雑菌が繁殖しやすい状態になります。

 

それ以外にも、夏はエアコンなどの空調に頼っている人も多いと思いますが、実はこれが汗腺の機能の低下を招いています。

汗腺の機能が低下すると悪い汗をかくようになります。

 

汗には酸素が毛細血管に行き届いている状態の汗とそうでない汗があり、エアコンによる極度の冷えは血行を悪くして後者の汗をかきやすくなるのです。

悪い汗は乳酸やアンモニアが含まれている割合が増えるので、ツンとした酸っぱい臭いになやすくなります。

エアコンを使い過ぎず、足を蒸れさせないようにサンダルを履くなどの工夫をしていきましょう。

 

▶︎足が臭いのは夏だから!? くさすぎる意外な理由はクーラーにあり

 

冬のほうが足の臭いがクサイ人の対策方法

冬のほうが足の臭いがクサくなるのは通気性が悪くなるからです。

ブーツを履いたり靴下も厚手のものを履くことになると夏に比べて通気性が落ちます。

通気性が悪くジメジメしたところは雑菌が繁殖するのには最高の場所です。雑菌は湿度が70%以上になると活発に繁殖することがわかっています。

 

通気性の悪さが湿度が高い状態を作ってしまいそれによって雑菌が増殖して汗と混じった皮脂や角質を分解して夏以上にクサい臭いを生み出してしまうというわけなのです。

できる対策としてはブーツや靴下は通気性のいいものや汗を吸う天然繊維のものを使いましょう。

 

化学繊維のものは汗を吸ってくれません。特に安い合皮のブーツは足の臭いを生んでしまう原因になりますので、要注意です。

一足だけでなく、複数の靴を履き回しするようにしましょう。

その間に靴の中を除菌しておくのが大切です。

 

▶︎足の臭いはブーツが蒸れるから起こる!「ヤバい!!」を回避する対策とは?

▶︎【足の臭い】冬のほうが臭い驚愕の理由!撃退に役立つのは?

 

足の臭いと年代

子供の足の臭い対策

子供の足の臭いは新陳代謝が良いからです。そのため、よく汗をかきます。

たくさん汗をかくということは何度も既にお伝えしている通り臭いの原因になるということです。

 

足を綺麗すること、靴や靴下を洗ってローテーションすること。そして、毎日同じ靴を履かないことが大切です。

学校で毎日同じ上履きを履いているのであれば、上履きを風通しのいいところにおいたり、消臭パウダーを使ったりとできる範囲で工夫をしましょう。

 

▶︎足の臭い子供へ対策するならコレ!根本的原因と今すぐできる解決策

 

中学女子の足の臭い対策

中学女子の足の臭いは基本的に子供と同じく新陳代謝の部分です。

それ以外にも運動でお伝えしていますが、運動系の部活の場合、同じ靴を毎日履いていることが足の臭いの原因になっている場合も。

 

毎日使っている上履きをケアしていない場合も要注意です。市販の消臭スプレーなどを使って消臭につとめましょう。

また、生理によるホルモンバランスの変化や自律神経の乱れが原因になるケースもあります。

 

▶︎足の臭いに悩む中学女子必見!あなたの足がクサい理由と解決方法

 

加齢によって起こる足の臭い対策

加齢によって起こる加齢臭の正体はノネナールという物質。

これはカラダの酸化が進むことで生まれてきます。

つまりカラダの酸化が早かった場合は、40代、50代より前に発生する可能性もあるのです。

 

足には指の間と甲に皮脂腺があり、皮脂腺で脂肪酸と過酸化脂質が酸化反応を起こすことによって、ノネナールが発生します。

カラダの酸化を防ぐには、有酸素運動や野菜中心の食生活、ストレスの排除などが有効です。

 

▶︎足の臭いは加齢でヤバくなる?嫌われないための原因究明と対策

 

まとめ

足の臭いが起きるシーンは様々です。

季節や年代など様々な状況によって原因が異なるケースもありますが、基本的には足、靴下、靴の3つを徹底的にケアすることが重要です。

状況に合わせて適切な対策をして足の臭いとおさらばしましょう。

 

足の臭いの状況別対策記事一覧