CATEGORY:足の臭いの対策・治し方

足の臭いをとる方法! 女子必見の最強対策35選【保存版】

自由

「とにかく足の臭いをとる方法をなるべく多く知りたい!」と思っていませんか?

臭い足のせいで、仕事や恋愛が上手くいかなかったら大変です。

  • 恥ずかしかったり
  • 恐怖を感じたり
  • 心配な気持ちになったり

様々な気持ちが渦巻いてしまいますよね。

そこでこの記事では足臭女子必見の即効足の臭いをとる方法最強35選をご紹介します。

足の臭いをとる最強対策の前に理解しておきたいポイント=足の臭いは足・靴下・靴、3つの対策が重要

授業

足の臭い=足だけの対策と思いがちですが、合わせて靴下や靴に臭いが溜まって臭くなっているケースもありますので、3つのポイントを抑えて対策するのが重要です。

これから紹介する方法は足だけではなく、靴下や靴に使える方法もありますので、自分に合った方法を取り入れてみて下さい。

足への対策

足

足の臭いの発生はトップページでも図解してお伝えしていますが、内側外側と2種類あり、制汗、殺菌、消臭、角質ケア、めぐりのケアが大切です。

足の臭いに本当に悩んでいてしっかり対策したいなら、制汗〜角質ケアまで一辺にできるクリーム・デオシークが一番おすすめです。

靴下やストッキング対策

足の臭いをとる方法 最強

ストッキングはナイロンやポリウレタンなどの繊維が一般的で汗を吸収しにくい素材であるだけでなく、繊維が細かいこともありさらに汗が吸収されづらくなっています。

五本指のストッキングが出ていたり、そこだけコットン素材になっているタイプなど蒸れないように工夫されているストッキングも出ていますので、そういったものを使うようにしましょう。

▶︎防臭靴下ランキング!臭わない靴下の条件

靴への対策

足の臭いをとる方法 最強

足の臭いは靴にニオイが溜まることでも臭くなります。そのため、靴に臭いを溜めない工夫が必要です。

風通しのいいところで保管するように心がけ雑菌を減らすようにしましょう。

▶︎足の臭いは靴の臭い直結! クサい革靴も徹底撃退する方法

▶︎グランズレメディ,フットクリアを徹底比較! 真の魔法の粉はどっち?

足臭女子必見!足の臭いをとる方法最強対策35選

足の臭いをとる方法!食生活編

足の臭い 食生活 食事

足の臭いは食べ物や飲み物に影響をされます。

食生活によって足の臭いが発生するのは臭いの成分が汗になって出てしまったり、皮脂の分泌量が増えて雑菌が繁殖してしまうからです。

例えばにんにくなどの臭いが強い食べ物は、代謝の際に刺激臭が汗となってでますし、アルコールも同様です。

脂っこいものやお肉、乳製品は動物性タンパク質が豊富で汗の分泌を促進するだけでなく、皮脂の分泌(足の指と甲には皮脂腺があります)を促します。

それ以外にも、脂っこい食べ物ばかり食べて、めぐりが悪くなると老廃物が溜まってしまい、足の臭いを発生させることになります。

老廃物の主な成分はアンモニアや尿酸などです。めぐりはミネラルが大きく関わっていて、ナトリウム(塩分)の摂取量を減らすことや塩分濃度を下げるカリウムを摂取するのが大切です。

▶︎足の臭いと食生活

魚介類

足の臭いをとる方法 最強

リンパのめぐりはタンパク質の不足によっても悪化します。

お肉ばかり食べて摂取すると皮脂の分泌に影響を与えるため、体臭を考えるならタンパク質をお魚から摂取するのがおすすめです。

特に青魚や鮭には美容にもいい必須脂肪酸が多く含まれています。ただ、醤油のつけ過ぎや塩のつけ過ぎには注意しましょう。

アーモンド

足の臭いをとる方法 最強

アーモンドに含まれてるビタミンEはエイジングケアの成分としても知られていますが、リンパの流れをよくする効果があります。ビタミンEが含まれている食べ物としては、アボガドなども有名ですね。

アボカド

足の臭いをとる方法 最強

『森のバター』とも言われるアボカドはビタミンEだけでなく、塩分の排出を助けてくれるカリウムも多く含まれています。

ビタミンやミネラルが豊富で脂肪分が多いもののコレステロールを減らす作用がある不飽和脂肪酸がメインなので健康的です。それ以外にも食物繊維もあり、便秘からくる体臭の対策にもなります。

レモン

足の臭いをとる方法 最強

レモンに含まれてるクエン酸もリンパの流れを促進してくれます。ビタミンBやミネラルの吸収を促進してくれる効果もありますので、疲労回復に対しての効果があるともされています。

納豆

足の臭いをとる方法 最強

納豆はリンパの流れに働きかけるカリウムが多く含まれていて、塩分をたくさんとる人は摂取しておきたい食べ物です。

また、納豆に含まれているナットウキナーゼは血流を促進してくれる働きがあるとされています。

めかぶ

足の臭いをとる方法 最強

めかぶはわかめの根に近い肉厚でひだが多い部分のこと。

めかぶに含まれているヌルヌルとした成分ものにはフコイダンというものがあり、足の臭いの原因の1つである物質・アンモニアを包み込んで排出させる働きがあります。

▶︎足の臭いとめかぶ

緑茶

足の臭いをとる方法 最強

緑茶に含まれているカテキンは消臭効果や抗菌効果があることでも有名です。カテキンは石鹸やシャンプーなどにも配合されていいて、消臭や抗菌目的で使用されています。

▶︎足の臭いと緑茶

サプリメント

足の臭いをとる方法 最強

足の臭いは体のめぐりが悪いと汗にクサい臭い成分が混じってしまい起こるケースもあります。食生活が乱れている人は消臭サプリメントを試すのも1つの対策方法です。

▶︎足の臭いサプリメント5選!あなたに合ったおすすめサプリはコチラ

足の臭いをとる方法!体質改善編

運動

足の臭いをとる方法 最強

汗には良い汗と悪い汗があります。日頃から有酸素運動(ウォーキングなど)で汗をかいている人は、水に近いサラッとした汗をかきます。

さらには、アルカリ成分である重炭酸イオンが少ないので、酸性であり雑菌が繁殖しにくいという特徴があるのです。

一方で、運動不足で血行が悪い人は汗腺へ酸素の供給が上手くできにくくなっています。

それによって、汗のかきかたが運動をしている人と比べて悪くなっていて、汗をかく際に乳酸がたくさん生み出されてしまうんです。

乳酸はアンモニアの分泌を増加させてしまうので、汗臭さが出やすくなってしまいます。

▶︎仰天!足の臭いは体質改善で激変

ツボ

足の臭いをとる方法 最強

足の臭いはツボを押したことによって、即座に改善するわけではありませんが、血行を改善して汗の質を改善する効果が期待できます。

▶︎足の臭いを消すにはツボ押しが効果的

足の臭いをとる方法!薬・薬品編

足の臭いをとる方法 最強

足の臭いの対策として原因となる雑菌の繁殖を殺菌などによって抑える方法があります。ここでは簡単に薬や薬品の概要をお伝えします。

薬や薬品などを使う場合は、注意事項をよく読み、特に濃度には注意して下さい。

塩素系漂白剤ハイター、洗剤やカビキラー

足の臭いをとる方法 最強

2ちゃんねるなどでは、塩素系漂白剤であるハイターやカビキラーを足に塗ったりという情報もありますがおすすめできません。

なぜかというと、ハイターやカビキラーには次亜塩素酸ナトリウムという薬品などが使われていて、皮膚にとっては大きな刺激になるからです。

強さで言えばカビキラーの方が強力で、それだけ肌トラブルの可能性も上がると言えるでしょう。

もともと皮膚につけるものとして作られていませんので、足の臭い対策としては靴下などをつけて臭い菌を殺菌するために使いましょう。

▶︎足の臭いにハイター=塩素系漂白剤は使える?

▶︎足の臭いにカビキラーは危険!

エタノール消毒やアルコールスプレー

足の臭いをとる方法 最強

アルコールとエタノールの違いが気になる方もいるかもしれませんが、エタノールはアルコールの1種です。

通常消毒に使うアルコールはエタノールが使われていますが、それ以外にもイソプロピルアルコールというものもあります。価格としてはイソプロピルアルコールの方が安く、消毒効果としてはほとんど差はありません。

消毒用のエタノールはスーパーなどでも売っているので、使おうか迷ってる方もいるかもしれませんが、肌荒れの可能性があります。

使うのであれば、靴下や靴の内側にアルコールスプレーで吹きかけたり、コットンなどに染み込ませて拭くようにした方がいいでしょう。

ただ、靴の種類によっては色落ちする可能性がありますので、注意が必要です。

▶︎足の臭いはアルコール消毒で消せる?

ホウ酸

足の臭いをとる方法 最強

ホウ酸はプールに入った後の結膜炎の予防目的や目の洗浄剤としても使われている成分です。抗菌効果がありますので、靴の消臭や靴下の消臭と足の臭い対策に幅広く使うことができます。

▶︎足の臭いとホウ酸

オキシドール

足の臭いをとる方法 最強

オキシドールは過酸化水素の濃度が2.5〜3.0%の水溶液のことをいいます。身近なところだと学校の保険室で消毒としてオキシドールが使われていました。

足の臭いに対してはオキシドールから発生する活性酸素によって雑菌にダメージを与えることで殺菌ができるので対策になります。ただ、漂白効果がありますので、ブーツなどへの仕様はおすすめできません。

▶︎足の臭いとオキシドール

イソジン

足の臭いをとる方法 最強

イソジンと言えば風邪を引いた時にお世話になった人も多いのではないでしょうか?イソジンに含まれているポビドンヨードはヨウ素化合物です。

ヨウ素化合物は殺菌作用があって足の臭いの原因になる雑菌を殺菌してくれます。

イソジンで殺菌するのであれば、原液を塗るのは色が濃く皮膚についてしまう可能性があるため、薄めて足湯で対策するのがおすすめです。

▶︎足の臭いにイソジンは?

オスバンS(逆性石鹸)

足の臭いをとる方法 最強

オスバンは逆性石鹸とも表記がありますが、同じです。成分としては塩化ベンザルコニウムという物質でできています。石鹸といえども効果としては消毒です。お医者さんが手を洗う際にも利用されています。

効果が出る仕組みとしては、雑菌がマイナスイオンを持っているのに対して、オスバンは水に溶けるとプラスイオンになります。プラスとマイナスがくっつくことで細胞の構造を壊して殺菌してくれるという仕組みです。

オスバンは洗濯物の雑菌臭対策にも使われています。オスバンを使う際は必ず希釈して使うようにしましょう。

▶︎足の臭いオスバン(逆性石鹸)

銀(ag)などのデオドラントスプレー

足の臭いをとる方法 最強

銀はオスバンなどと同じようにプラスのイオンが細菌のマイナスイオンとくっついて細胞の働きを阻害して死滅させる効果があります。デオドラントスプレーに使われているのはこの性質を利用したものです。

銅イオンに比べて銀イオンは約10倍の効果があるされていて、毒性もかなり低くなっています。

▶︎足の臭いとag(スプレー) 足用と通常版の違いは?

焼きミョウバンやミョウバン水

足の臭いをとる方法 最強

ミョウバンはスーパーでも購入でき手軽に手に入ります。料理では煮物の煮崩れ防止やアク抜きとして使うことができるものです。

  • カリウム
  • アルミニウム

ミョウバンはこのような金属イオンが硫酸塩として結合したものです。水に溶けることで酸性になるため、殺菌、消臭作用があります。酸性の殺菌力によってイソ吉草酸が生み出される前に、菌を減らして臭いの発生を防ぐといった使い方が有効です。

また、アルカリ性の臭い(アンモニア臭など)が発生している場合にも有効になります。生のミョウバンの方が水に溶けやすいのですが、スーパーなどで購入できるのは焼きミョウバンです。

▶︎足の臭いに使えるミョウバン水の作り方

クエン酸やレモン汁

足の臭いをとる方法 最強

クエン酸には抗菌作用や消臭作用があります。クエン酸自体は『酸』と名前の中に含まれている通り酸性なので、アンモニア臭などのアルカリ性の臭いを中和できるんです!

掃除用のクエン酸だと肌に刺激を与える物質が混じっている可能性がありますので、食用がおすすめです。

また、クエン酸は塩素系洗剤と混ざると有毒ガスが発生することがありますので注意が必要です。

クエン酸が多く含まれているものと言えばレモン。レモン汁を使って角質ピーリングをしたり足湯することができます。

▶︎足の臭いをレモン汁やクエン酸×重曹で撃退

セスキ炭酸ソーダ

足の臭いをとる方法 最強

お掃除に使われることも多いセスキ炭酸ソーダは重曹と炭酸ナトリウムが混ざってできているものです。重曹に比べてpH9.8とアルカリ性が強く、水に溶けやすい性質があります。

アルカリ性なので、中和作用を利用して酸性の臭いを抑えることができます。pH濃度が高いため、皮膚には刺激が強くアルカリ性の臭いを生み出してしまう可能性もあります。

そのため靴下を洗濯するように使うのがおすすめです。

▶︎足の臭いにセスキ炭酸ソーダは使えるの?

重曹スプレーや重曹足湯

足の臭いをとる方法 最強

重曹は炭酸水素ナトリウムのことです。ふくらし粉や凝固剤としても使われていて掃除にも活用できます。pHが8.2であり、セスキ炭酸ソーダよりアルカリ性は弱いのが特徴です。

足の臭いの原因の1つであるイソ吉草酸は弱酸性なので、アルカリ性である重曹を使うことで中和して臭いを軽減できる仕組みになっています。

重曹足湯を作って足を浸すことで臭いをカットできます。重曹には薬用と食用と工業用がありますが、工業用には肌に悪い成分が入っていることもありますので、食用以上を使うようにしましょう。

足湯以外にも、靴下に重曹スプレーを吹き付けたりする方法も有効です。

▶︎足の臭いに重曹は効かない?足湯やスプレーなどのやり方を徹底解説

ロールオンタイプの塗り薬

足の臭いをとる方法 最強

ロールオンタイプのデオドラント商品は様々なものが出ています。メリットとしては塗りムラが生じにくく、汗を抑える力が強いことです。また、手を汚さずに使えます。

一方で、制汗剤が乾くまでに少し時間がかかります。

足の臭いをとる方法!酢や油編

お酢やリンゴ酢

足の臭いをとる方法 最強

リンゴから作られた酢であるリンゴ酢や穀物から作られているお酢は酸性で酢酸やクエン酸が含まれていて菌の繁殖を抑える効果や殺菌効果が確認されています。

お酢が酢飯など料理に使われるのは通常のごはんに比べて長持ちするからです。アルカリ性の臭いに対しては中和ができるので有効です。

▶︎足の臭いがお酢で消える理由!リンゴ酢との違いや効果的な使い方

竹酢液や木酢液

足の臭いをとる方法 最強

竹酢液や木酢液は炭を焼く過程で煙を冷やして作るものです。200種類以上の有機成分が含まれていて、お酢に含まれている酢酸や消毒作用があるフェノールなどが含まれています。

そのため、殺菌効果が見込めますが、炭を作る過程で得られるものであるため、タールなど人体に有害な物質が含まれているのも事実です。

作り方によっても成分濃度が異なってくるので、防虫用などのものでなく、使うのであれば肌に使うことも考慮した物を使うようにしましょう。

▶︎足の臭いに木酢液や竹酢液は使える?

ハッカ油

足の臭いをとる方法 最強

ハッカ油はミントを乾燥させて作った油のことです。ハッカ油は殺菌効果や消臭効果がありますが、そのままでは刺激が強いので、薄めて使うのがおすすめです。

原液のまま肌に塗るのは刺激が強いので避けるように公式サイトでも説明されていますが、コットンに1滴垂らして靴箱の中に入れたりと足に吹きかける以外にも、靴やストッキングの対策もできます。

ただ、臭いは濃度にもよりますが、午前から正午くらいまでは継続するので、出勤前につける際にはスメハラにならないように注意が必要と言えます。

▶︎足の臭いにハッカ油が効果絶大!足裏の汗にも

足の臭いをとる方法!フットケア編

クリーム

足の臭い,クリーム,ランキング

足の臭い対策で一番おすすめなのはクリームです。理由は冒頭にもお伝えしましたが、制汗から角質ケアまで1つのアイテムで一度にできるからです。

少し他の対策に比べてお金はかかりますが、その分効果があります。

▶︎足の臭いクリームランキング

エステなどマッサージ

足の臭いをとる方法 最強

エステまたは自宅で足のマッサージをすることはめぐりをよくして老廃物を流してくれる効果があります。

老廃物は既にお伝えの通り、代謝が落ちてしまってしまうと足の臭いの原因になる可能性があるので、マッサージをしてリンパを流すことで、老廃物が溜まる状態を避けるようにしましょう。

▶︎足の臭いにエステは効果あり

ピーリング(角質取り)

足の臭いをとる方法 最強

ピーリングは足に古い角質が溜まってしまっている状態をピーリング剤によって取り除く方法です。古い角質や皮脂が足の裏に溜まってしまうとそこに雑菌が繁殖してしまい臭いを発生することになります。

ピーリングで古い角質を取り除くことによって、雑菌の繁殖を防ぎましょう。古い角質は雑菌が繁殖しやすいので要注意です。

▶︎足の臭いを角質除去で無臭化へ!角質ケアでベストな方法は?

保湿

足の臭いをとる方法 最強

保湿が足の臭いに効果的なのは2つの理由があります。

1つめは乾燥すると角質が硬くなり、剥がれ落ちにくくなり、古い角質が溜まってしまいそこに雑菌が繁殖しやすくなるからです。

2つめは乾燥することで皮脂が出てしまい(足の裏にはありませんが、足の指の間と甲には皮脂線があります)皮脂を雑菌が分解して臭いの原因になるためです。

そのため、保湿をしっかりすることで、ターンオーバーの乱れを防いだり、皮脂の分泌が多くならないようにするのが大切です。

スクラブで角質除去

足の臭いをとる方法 最強

スクラブには研磨剤が入っていますので、古い角質を除去できます。細かい粒子によって角質を剥がすピーリング効果を得ることで肌のターンオーバーを正常な状態に戻すことができます。

軽石

足の臭いをとる方法 最強

軽石もピーリングやスクラブと同じで古い角質を取るものとして使います。ただし、ゴシゴシと強くこすってしまうと皮膚を傷つけてしまい、逆に、菌が繁殖しやすい状態を作ってしまうので、注意が必要です。

パック

足の臭いをとる方法 最強

パックというと保湿をするためのイメージがありますが、足については角質ピーリング用のパックがメインです。古い角質を除去して雑菌の増殖を防ぎます。

石鹸

足の臭いをとる方法 最強

石鹸は足の臭いを発生させる雑菌を殺菌する効果があるだけでなく消臭効果があるものを選ぶのが肝心です。

▶︎足の臭い対策石鹸ランキング! 選び方や使い方まで徹底解説

歯磨き粉を使ったケア

足の臭いをとる方法 最強

歯磨き粉には殺菌成分が含まれているのと合わせて、歯ブラシで足を掃除することで爪の間にある垢を除去して雑菌の繁殖を防げます。

ネイルをしている人であれば、爪の垢に気づかない可能性もありますので、ブラッシングも大切です。

ただ、皮膚を傷つけないように柔らかいブラシを使ったり、丁寧に掃除するように心掛けましょう。

▶︎足の臭いに歯磨き粉とブラシを使っても効果なし?

ブラシ

足の臭いをとる方法 最強

歯磨き粉を使ったケアでも紹介していますが、ブラシを使って爪の間の垢をケアするのは大切です。

歯ブラシだと少し硬いので、もっと柔らかいものを使いたいという人はフットケア専用のブラシを購入しましょう。柔らかい方が、刺激が少なくておすすめです。

▶︎足の臭いと爪の間の爪垢対策

まとめ

足の臭いに対する対策は様々なものがあります。まずはどのような原因から足の臭いが発生してるのかを見極めて、足の臭いをなすく方法を試していきましょう。

足の臭いの対策記事一覧