足の臭いにホウ酸を使うのは危険!? 効果や副作用を徹底調査

足の臭い ホウ酸

「足の臭いにホウ酸が効くって聞いたけど、そもそもホウ酸って何?」と思ったりしていませんか?

 

ホウ酸は抗菌作用があるため、足の臭い対策に使うことのできる物質ですが、使い方を誤ると危険性を伴う可能性もあります。

この記事ではそもそもホウ酸とはどんな物質なのか、手に入れられる場所、効果的な使い方などを紹介していきます。

 

そもそもホウ酸とは?

ホウ酸はゴキブリ対策のためにも使われていて、目薬やコンタクトレンズの保存液にも使われているものです。

腎臓を持たない生物は代謝できなくなり、餓死してしまうのですが、人間など哺乳類の場合は腎臓の作用で短期間で排出できるものになっていて、毒性は食塩と同じくらいです。

 

プールから出たときに結膜炎の予防で目を洗うのにはホウ酸水が使われていたり、うがい薬や鼻のスプレー、そして、温泉などにも多く含まれていて殺菌作用があります。

 

ホウ酸を入手できる場所は?

ドラッグストアで500g500円前後で売っています。

ネットでもアマゾンで500g400〜700円ほどで購入できるため、入手は容易です。

 

ホウ酸の足の臭いへの効果的な使い方

靴の中に入れる

ホウ酸には殺菌力があってカビを防ぐ力があります。

そのため、ガーゼなどで包んで靴の中に入れることで靴の抗菌に使うことができます。

 

日中にかいた汗が靴に染み込んでそれによって強力な臭いを発している場合、靴の中にも雑菌やニオイ成分がこびりついている場合があります。

靴を抗菌することでニオイ菌が増殖するのを抑えて、ニオイを抑えることができます。

 

ホウ酸水を作り靴を入れる

バケツなど2ℓ入る容器にお湯を入れて大さじ2杯ホウ酸を入れます。

よくかき混ぜて靴を5分入れます。

 

お湯から出したら水ですすいで天日干し。乾燥させます。

ホウ酸と合わせて紫外線に当てることで殺菌効果が見込めるのと合わせて、乾燥させることで菌が繁殖しない状態を作ることができます。

難点としては水洗いできない革靴には使えないことです。

 

靴下に使う

靴と同じようにホウ酸水を作って靴下をつけて天日干しします。

靴下の場合は靴のように面積がないので、大量でなければ1ℓのお湯と大さじ1杯のホウ酸で大丈夫でしょう。

 

ホウ酸の注意点と副作用の危険性

足湯など足につく形で使うのはおすすめできません。理由としては、通常の皮膚なら吸収されることもないのですが、傷がついているとそこから粘膜を通じて吸収されやすくなるからです。

 

ホウ酸を万が一飲み込んでしまうと消化器系から吸収されて神経に影響を与えます。

それによって副作用として吐き気、下痢、嘔吐などの症状を起こしてしまう可能性があります。

 

小さな子供やペットを飼っている場合は、万が一飲み込んでしまわないように管理には気をつけましょう。

毒性は低いとされているホウ酸ですが、リスクがあるため、足の臭い対策クリームなどを使った方がおすすめです。

 

ホウ酸でカバーできない足自体への臭いケアを効率的に行う方法

足の臭いを撃退するためには足、靴下、靴、それぞれへの対策が重要です。

ホウ酸でできるのは靴下や靴への対策です。

 

そのため、足については別途対策が必要と言えるでしょう。

足の臭いケアでおすすめなのが、クリームです。

理由としてはニオイ対策に必要な制汗、殺菌、消臭、そしてクリームによっては角質ケアまでできてしまうからです。

 

たった1つのアイテムで足の臭い対策に必要な項目を抑えられるのが、クリームのメリットです。

まだ試したことのない人はぜひ一度試してみて下さい。

 

▶︎足の臭いクリームランキング! 女性に効くおすすめベスト8

 

まとめ

ホウ酸は靴や靴下に使うことで足の臭いができることがわかりました。

ただ、扱いが難しく危険性があるので注意が必要です。

 

足に使うことはおすすめできないので、足に対してはデオドラントクリームを使う方がリスクなく効率よく対策できるでおすすめです。

足の臭い,女性