足の臭いはアルコール消毒で消せる?エタノールとの違いや消臭力は?

足の臭い アルコール消毒 エタノール

「足の臭いにアルコール消毒って有効なの?」と感じていませんか?

足の臭いにアルコール消毒は有効なのですが、使い方を見極める必要があります。なぜなら、誤って使うとかえって足の臭いを悪化させる可能性があるからです。

足の雑菌をアルコールで消毒したつもりが・・・とならないために正しい知識を身につけましょう。

よく疑問に思う人が多いアルコールとエタノールの違いやアルコールで足の臭い対策をするときのコツをお伝えしていきます。

そもそもアルコールとエタノールの違いとは

考える

「アルコールとエタノールって何か違いがあるの?」と感じた人も多いのではないでしょうか?紛らわしいので先にアルコールとエタノールの違いをお伝えしていきます。

アルコールはアルコール類の総称のことです。

  1. エチルアルコール
  2. メチルアルコール
  3. プロピルアルコール

広い意味では、この3つをひとまとめにして『アルコール』と呼んでいます。ただ、一般的には『アルコール=エチルアルコール=エタノール』を意味することの方が多いです。

つまり、『アルコール=エタノール』ということですね。

 

エタノールは濃さで呼び方や殺菌力が変化する

ちなみにエタノールは濃さによって呼び方が変化します。

  • 無水エタノール・・・99.5%以上
  • エタノール・・・・・95.1〜96.9%
  • 消毒用エタノール・・76.9〜81.4%

エタノールは濃度が80%前後のものが消毒性が高いので、消毒には消毒用エタノールが使われています。

それではアルコールと足の臭い対策についてお伝えしていきます。

 

アルコール消毒で足の臭い対策しても大丈夫?

question

アルコールと言えばお酒のイメージがありますが、消毒としてよく使われていて馴染みのある物質なので、安心感を持っている人もいるかもしれません。

足の臭い対策としてアルコールを使う場合、殺菌力は高いのですが刺激が強いため、肌があれてしまう可能性があります。そのため、特に敏感肌の人は注意が必要です。

さらには、アルコール消毒の殺菌力によって菌を殺しすぎてしまうと皮膚の免疫力が落ちてしまい、それによって雑菌がかえって繁殖しやすい状態を作ってしまう可能性があります。

なので、足に直接アルコールを吹き付けて雑菌することはリスクを伴うことなので、あまりおすすめできません。

それ以外にも、濃度の濃いエタノールを使った場合、エタノールは引火性のある物質であるため、発火する危険性があります。取り扱いには注意が必要です。

 

足の臭いに対して効果的なアルコールの使い方

足

消毒用アルコールをデメリットなしに効果的に使うのであれば靴や靴下の殺菌に使うのがおすすめです。

蒸れた足の雑菌やニオイ菌は実は靴や靴下にも住み着いてしまっています。なので、靴の内側や靴下にアルコールスプレーを吹き付けたり、除菌シートで拭くのが効果的です。

ただし、靴に使う場合は素材によってはアルコールで色落ちする可能性がありますので注意が必要です。

特に古くなった革や本革でなく合皮の場合は使うのを避けた方が無難です。事前に確認してから使うようにしましょう。

もし、足に使う場合はスプレータイプではなく肌に使うように開発されている除菌シートタイプであれば、帰宅時や外出先の応急処置として使うことができます。

 

アルコールは組み合わせることで足の臭いに相乗効果を発揮する

組み合わせ

アルコールを足に使って除菌する場合は残念ながら制汗や消臭はできません。

足の臭いが発生するのは、足に汗をかいて、靴の中が蒸れて、それによって雑菌が大量繁殖、雑菌が皮脂や角質を分解してニオイ菌を作り出すというメカニズムがあります。

殺菌・除菌をすれば、ニオイを発生する菌は一時的にはいなくなりますが、再び足に汗をかいた状態が続けば、また雑菌が増えてニオイ菌が増殖するんです。

つまり、殺菌だけではなく、制汗や消臭も合わせて必要なんです。

  1. 制汗
  2. 除菌
  3. 消臭
  4. 角質対策

足の臭い対策クリームならニオイの原因の1つである角質をケアしながらも足の臭いに対して総合的にこれ一つでアプローチできます。

周りにクサい爆臭をまき散らかしても大丈夫な人には必要ないかもしれませんが、周りに迷惑をかけたくないという気持ちがある心優しい人はぜひ一度試してみ下さい。

人気No.1クリームのデオシークの詳細はこちら

その他の対策グッズを見る

まとめ

アルコール消毒は肌に負担をかけたり、濃度が濃いと引火性があるので取り扱いに注意が必要です。

使い方を誤るとかえって雑菌を繁殖させてしまう可能性があるため、スプレータイプを使うのであれば、靴や靴下に使うようにしましょう。足自体の対策なら除菌シートがおすすめです。

除菌だけでなく制汗・消臭対策を行うことが足の臭いを抑える上では必要なので、アルコールだけでは効果を感じることができない人はクリームなどの制汗アイテムも併用して足の臭いを撃退していきましょう。

足の臭い,女性